有効な日付がビューにない場合は、Tableau はビューの中から整数値を持つディメンションを探します。そのようなディメンションを発見した場合、それを使用してビュー内のメジャー用の追加の値を予測します。日付に関しては、予測されるメジャーを並べるのに整数ディメンションが選択されると、データを分割するのに日付が使用されなくなります。そのような整数ディメンションが複数ある場合、Tableau はその順に従います。

  • [列] シェルフの整数ディメンション。そのような整数ディメンションが複数ある場合、最初のディメンションが使用されます (シェルフの最も左側のもの)。

  • [行] シェルフの整数ディメンション。

  • [ページ] シェルフの整数ディメンション。

  • [マーク] カードの整数ディメンション。

Tableau が予測に整数ディメンションを使用している場合、[予測のオプション] と [予測の説明] ダイアログボックスは、予測が期間によって自動的に集計されることを示します。

ありがとうございます!