Marketo

この記事では、Tableau を Marketo データに接続し、データ ソースを設定する方法について説明します。

注: このコネクタの最新情報については、Tableau の現在のバージョンの Marketo のヘルプトピックを参照してください。

はじめる前に

開始する前に、次の接続情報を収集します。

  • カスタム サービス エンドポイント
  • クライアント ID
  • クライアント シークレット

Marketo から接続するために必要なカスタム サービス情報の作成方法の詳細については、Marketo Web サイトの「カスタム サービス(新しいウィンドウでリンクが開く)」トピックを参照してください。

接続してデータ ソースを設定する

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で [Marketo] を選択します。データ接続の完全なリストについては、[サーバーへ][詳細] を選択します。その後、次を実行します。
    1. カスタム サービス エンドポイント、クライアント ID、およびクライアント シークレットを入力します。
    2. [サインイン] を選択します。
    3. [フィルター タイプ]: [相対的日付範囲] または [固定日付範囲] を選択してから、範囲を選択または指定します。
    4. Tableau Desktop と安全にデータを共有するには、[接続] を選択して Marketo を認証します。

      Tableau が接続できない場合は、認証資格情報が正しいことを確認します。引き続き接続に失敗する場合は、コンピューターにおけるサーバーの検出に問題があります。ネットワーク管理者または Marketo 管理者に連絡してください。

  2. データ ソース ページで次の手順を行います。
    1. (任意) ページ上部にある既定のデータソース名を選択し、Tableau で使用する一意のデータソース名を入力します。たとえば、データの他のユーザーが、どのデータ ソースに接続するか推測するのに役立つ命名規則を使用します。

    2. [表] から表を選択し、キャンバスの一番上にドラッグします。
    3. シート タブを選択して分析を開始します。

      シート タブを選択すると、Tableau は抽出を作成してデータをインポートします。Tableau Desktop は Marketo の抽出のみをサポートします。データを更新するには、抽出を更新します。詳細については、データの抽出を参照してください。

      抽出の作成には、含まれるデータの量に応じて時間がかかる場合があります。

Bulk API による一部の表のデータの取得

Tableau では、All ActivitiesLeads、および Leads by List - <list name> 表のデータが Bulk API によって取得されることにより、API 呼び出しの数が削減されます。詳細については、Marketo Web サイトの「Bulk Extract」(新しいウィンドウでリンクが開く)ドキュメントを参照してください。

"Daily API Usage (毎日の API 使用状況)" および "Weekly API Usage (毎週の API 使用状況)" 表を使用して、API の使用状況を監視できます。

ダッシュボード スターターを使用する

ダッシュボード スターターを使用すると、Tableau Desktop と Tableau Online の主要なビジネス メトリクス向けに作成された有益なダッシュボード デザインをすばやく作成できます。詳細については、クラウドベース データ用のダッシュボード スターターを参照してください。

日付範囲の選択がパフォーマンスに影響を与える可能性がある

分析を行う際、できるだけ多くのデータを収集することは魅力的ですが、Marketo からの記録の取得には時間がかかる可能性があります。Tableau では、データを取得するまで、特定の日付範囲内にどのくらいのデータがあるかわかりません。このため、最初に日付範囲を限定し、パフォーマンスを評価した後で範囲を広げる必要があります。

Marketo からデータを取得するのにかかるおよその時間を把握するため、高速接続を使用してテストが実施されました。この表は、テスト環境において、指定された数のレコードを取得するためかかった時間を示しています。

レコード数

取得までの時間

1,000

4.5 秒

10,000

45 秒

100,000

8 分

1,000,000

75 分

関連項目

ありがとうございます!