Google Analytics

この記事では、Tableau を Google Analytics (GA) に接続し、データ ソースを設定する方法について説明します。

はじめる前に

開始する前に、次の接続情報を収集します。

  • GA 電子メール アドレスとパスワード

接続してデータ ソースを設定する

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で [Google Analytics] を選択します。データ接続の完全なリストについては、[サーバーへ][詳細] を選択します。既定のブラウザのタブで Tableau を開き、以下を実行します。

    1. お使いのメールアドレスまたは電話番号で GA にサインインし、[次へ] を選択してパスワードを入力します。複数のアカウントが表示される場合は、アクセスする GA データを保持しているアカウントを選択し、まだサインインしていない場合はパスワードを入力します。

    2. [許可] を選択して Tableau Desktop が GA データにアクセスできるようにします。

    3. 通知されたらブラウザ ウィンドウを閉じます。

  2. データ ソース ページで次の手順を行います。

    1. (任意) ページ上部にある既定のデータソース名を選択し、Tableau で使用する一意のデータソース名を入力します。たとえば、データの他のユーザーが、どのデータ ソースに接続するか推測するのに役立つ命名規則を使用します。

    2. データ ソース ページの一番上の手順に従って、接続を完了します。

      1. ステップ 1 – ドロップダウン メニューから [アカウント]、[プロパティ]、および [プロファイル] を選択します。

      2. ステップ 2 – 日付範囲およびセグメント用のフィルターを選択します。

        • [日付範囲] には、事前に定義されている日付範囲のいずれかを選択するか、特定の日付を選択できます。GA では、日付範囲を選択して、前日丸一日までの完全なデータのみを表示できます。たとえば、過去 30 日間を選択すると、昨日までの過去 30 日間のデータを取得します。

        • [セグメント] では、データをフィルターするセグメントを選択します。セグメントは、GA 接続を設定できるプリセットフィルターです。既定のセグメントは Google により定義され、カスタム セグメントは GA Web サイト上のユーザーにより定義されます。セグメントによる定義に従ってデータをフィルターすると、サンプリングの回避に役立ちます。たとえば、セグメントを使用した場合、タブレットなどの特定のプラットフォームについて、または Google などの特定の検索エンジンについて、結果を取得できます。

      3. 注: GA は、クエリで返されるデータ量を制限します。1 回のクエリで GA が許可するより多くのデータを取得しようとした場合、GA からは、代わりにサンプル データが返されます。Tableau はユーザーの GA クエリがサンプル データを返す場合があることを検出し、代わりにクエリ制限をバイパスして、すべてのデータを返そうとします。詳細については、以下のすべてのデータとクエリが返すサンプル データを参照してください。

        ステップ 3[ディメンションの追加] および [メジャーの追加] ドロップダウン メニューを使用してディメンションとメジャーを追加するか、[メジャー グループの選択] ドロップダウン メニューから定義済みのメジャーのセットを選択します。ディメンションとメジャーの中には、一緒に使用できないものもあります。詳細については、Google Developers Web サイトの「ディメンションおよびメトリックス リファレンス ガイド」を参照してください。

    3. シート タブを選択して分析を開始します。シート タブを選択すると、Tableau は抽出を作成してデータをインポートします。Tableau Desktop では Google Analytics 用の抽出のみサポートされることに注意してください。データを更新するには、抽出を更新します。詳細については、データの抽出を参照してください。

Google Analytics データ ソースの例

Windows コンピューターで Tableau Desktop を使用した Google Analytics データ ソース接続の例:

すべてのデータとクエリが返すサンプル データ

GA は、クエリから返されるデータ量を制限し、代わりにサンプルデータを返します。サンプル データは、データのランダムなサブセットです。サンプル データの分析を実行する場合、興味深い外れ値を見落とし、集計が不正確になる可能性があります。Tableau は、ユーザーのクエリがサンプル データを返す場合があることを検出すると、既定で、ユーザーのクエリから複数のクエリを作成し、クエリからの結果を組み合わせてすべてのデータを返します。

Tableau がすべてのデータを返す場合は、次のメッセージが表示されます。

クエリがクエリ制限の範囲内に収まっている場合、GA はサンプル データを返さず、上記のメッセージが表示されることはありません。

すべてのデータを返す問題のトラブルシューティング

クエリが引き続きサンプル データを返す場合、以下を参照してください。

  • 日付ディメンションの欠落 - すべてのデータを返すには、クエリで日付ディメンションを使用する必要があります。

  • データが多すぎる - クエリに含まれているデータが多すぎる可能性があります。日付範囲を減らします。最短の日付範囲は 1 日であることに注意してください。

  • 集計できないディメンションとメジャー - 一部のディメンションとメジャーは、複数のクエリに分割できません。クエリ内に問題があるディメンションまたはメジャーの存在が疑われる場合、[すべてのデータ] をポイントすると、クエリから削除するディメンションまたはメジャーを示すヒントが表示されます。

  • レガシー ワークブック - Tableau Desktop 9.1 以前のバージョンで作成されたワークブックは、すべてのデータを返すことができません。Tableau Desktop 9.2 以降でレガシー ワークブックを開いてから、ワークブックを保存します。

サンプル データを返す

ワークブックの性能が重要な場合や、Tableau の既定のクエリ プロセスでサポートされない特定のディメンションまたはメジャーをクエリで使用する場合、代わりにサンプル データを使用します。サンプル データを返すには、[サンプル データ] ボタンを選択します。

 

関連項目

Google アナリティクスを活用する5つのヒント - Tableau ホワイトペーパーをお読みください (登録またはサインインが必要です)。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください