この記事では、Tableau を Amazon Athena データに接続してデータ ソースを設定する方法について説明します。

注: Amazon Athena に接続するには、ポート 443 (ssl) と 444 が開いている必要があります。

はじめる前に

開始する前に、次の接続情報を収集します。

  • 接続するデータベースをホストするサーバーの名前。形式は以下のとおりにします: athena.[地域].amazonaws.com。例: athena.us-east-1.amazonaws.com

  • S3 ステージング ディレクトリの名前。たとえば、s3://aws-athena-query-results-123456785678-us-eastexample-2/

  • Amazon Web Services (AWS) アクセス キー (アクセス キー ID とシークレット アクセス キー)。詳細については、AWS Web サイトの「アクセス キー」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

  • (オプション) Tableau が接続するたびに初期 SQL ステートメントを実行する

必要なドライバー

このコネクタにはデータベースとやり取りするためのドライバーが必要です。お使いのコンピューターにはすでに必要なドライバーがインストールされています。ドライバーがコンピューターにインストールされていない場合、Tableau によって「ドライバー ダウンロード」(新しいウィンドウでリンクが開く)ページへのリンクを含むメッセージが接続ダイアログ ボックスに表示されます。このページで、ドライバーのリンクとインストール手順を確認できます。

接続してデータ ソースを設定する

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で [Amazon Athena] を選択します。データ接続の完全なリストについては、[サーバーへ][詳細] を選択します。その後、次を実行します。

    1. サーバー名を入力します。

    2. S3 ステージング ディレクトリの名前を入力します。

    3. AWS アクセス キー ID を [ユーザー名] フィールドに入力します。

    4. AWS シークレット アクセス キーを [パスワード] フィールドに入力します。

    5. (任意) ワークブックを開いたときや、抽出を更新、Tableau Server にサインイン、または Tableau Server にパブリッシュするときなど、毎回接続の始めに実行する初期 SQL コマンドを指定するには、[初期 SQL] を選択します。詳細については、初期 SQL の実行を参照してください。

    6. [サインイン] を選択します。

      Tableau が接続できない場合は、認証資格情報が正しいことを確認します。引き続き接続に失敗する場合は、コンピューターにおけるサーバーの検出に問題があります。ネットワーク管理者またはデータベース管理者に連絡してください。

  2. データ ソース ページで次の手順を行います。

    1. (オプション) [接続] で既定のデータ ソースを選択します。

    2. 作業するカタログとデータベースを選択します。

    3. 1 つまたは複数のテーブルをワークスペースにドラッグします。

    4. シート タブを選択して分析を開始します。

      カスタム SQL を使用して、データ ソース全体ではなく、特定のクエリに接続します。詳細については、カスタム SQL クエリへの接続を参照してください。

JDBC 接続をカスタマイズする

Amazon Athena では JDBC 接続を使用しているため、プロパティ ファイルを使用してカスタマイズできます。詳細については、Tableau コミュニティの「プロパティ ファイルを使用して JDBC 接続をカスタマイズする」(新しいウィンドウでリンクが開く)(英語) を参照してください。

関連項目

ありがとうございます!