週ベースの ISO-8601 暦

週ベースの ISO-8601 暦は、日付関連データの国際標準です。ISO-8601 暦の目的は、日付を表現して計算するための一貫した明快な方式を提供することです。ISO-8601 暦では、日付を年、四半期、週、および曜日に分割します。グレゴリオ暦とは異なり、ISO-8601 暦では各四半期の週数と各週の日数が一貫しているため、小売や財務上の日付の計算では一般的です。

ISO-8601 を既定のカレンダーとして設定

データ ソースで ISO 8601 暦を設定するには、次の手順に従います。

  1. [データ] ペインでデータ ソースを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[日付のプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [既定のカレンダー] フィールドを [週ベース (ISO-8601)] に設定します。

シェルフの各日付フィールドで個別にカレンダーのタイプを設定できます。シェルフで日付ディメンションを右クリックし (Mac では Ctrl を押しながらクリック)、[週ベース (ISO-8601)] を選択します。

所定の日付ディメンションのレベルが [会計年度のカレンダー] の使用によって影響を受けるかどうかは、特定の状況によって異なります。

グレゴリオ暦の日付レベル ISO-8601 の日付レベル ISO-8601 暦と標準的なグレゴリオ暦の相違点
ISOYEAR ISO-8601 の年は常に 1 月 1 日に最も近い最初の月曜日から始まります。つまり、年が 1 月 4 日まで始まらないことや、12 月下旬に始まることがあります。グレゴリオ暦では常に 1 月 1 日に年が始まります。このため、1 月の初めにかなり近い場合には、この 2 つの暦体系の年に不一致が生じる可能性があります。
四半期 ISOQUARTER

ISO-8601 では最初の 3 つの四半期は常に 13 週間で、最後の四半期は ISO-8601 での翌年の開始に応じて 13 週間または 14 週間あります。

  週ベースの ISO-8601 暦では月が使用されません。多くの小売および財務体系では、ISO-8601 の四半期が 4-4-5 週間の 3 つの区分に分割され、これ以外の区分体系もあります。
週番号 ISOWEEK

週ベースの ISO-8601 暦のすべての週は正確に 7 日間で月曜日に始まり、各週は 1 つの年に属しています。グレゴリオ暦とは異なり、2 つの年にまたがる週はありません。ISO-8601 の各年は長年または短年となり、ISO-8601 の年が始まるタイミングによって 52 週間または 53 週間となります。

  週ベースの ISO-8601 暦では日が使用されません。
曜日 ISOWEEKDAY ISO-8601 の曜日は常に月曜日から始まります。

ISO-8601 をサポートする日付関数

日付ディメンションが週ベースの ISO-8601 暦を使用している場合、次の日付関数でのみ週ベースの ISO-8601 暦が反映されます。

DATEADD および DATEDIFF

DATEADD および DATEDIFF の計算が ISO-8601 以外の日付レベル (day month など) を使用して呼び出される場合、結果のフィールドでは ISO-8601 の日付が最も近い ISO レベルに切り詰められます。たとえば、ISO-8601 の日付に 1 つの月を追加すると、iso-week の変更に反映されます。

DATENAME

DATENAME を使用する場合、結果として得られる計算では、iso-yeariso-quarteriso-week、または iso-weekday の日付部分を使用しない限りグレゴリオ暦が返されます。

DATEPART

DATEPART を使用する場合、結果として得られる計算では、iso-yeariso-quarteriso-week、または iso-weekday の日付部分を使用しない限りグレゴリオ暦が返されます。

DATETRUNC

DATETRUNC 計算では、ISO-8601 の日付が最も近い ISO レベルに切り詰められます。たとえば、以下の画像に示されているように、ISO-8601 が月を使用していない場合でも、ISO の日付を "月" で切り詰めるとグレゴリオ暦の月の最初の iso-week が表示されます。

ISO-8601 の日付関数を使用した 4-4-5 カレンダーの作成

週ベースの ISO-8601 暦では月が使用されません。多くの小売および財務体系では、ISO-8601 の四半期が 4-4-5 週間の 3 つの区分に分割され、これ以外の区分体系もあります。

これらの手順に従い、Tableau Desktop での 4-4-5 カレンダーの実装方法を学習します。

ステップ 1: ビジュアライゼーションの設定

  1. Tableau Desktop を開き、"Sample - Superstore (サンプル - スーパーストア)" 保存済みデータ ソースに接続します。

  2. ISO-8601 を既定のカレンダーとして設定

  3. 新しいワークシートに移動します。

  4. [データ] ペインの [ディメンション] から、"Order Date (注文日)"[行] シェルフまでドラッグします。

  5. [行] シェルフで "ISOYEAR(Order Date) (ISO 年 (注文日))" の "+" アイコンをクリックします。

    "ISOQUARTER(Order Date) (ISO 四半期 (注文日))" がシェルフに追加されます。

  6. [データ] ペインの [メジャー] から、"Sales (売上高)"[列] シェルフまでドラッグします。

ステップ 2: 各四半期の週数の確認

4-4-5 区分カレンダーでは、各四半期が 4 週間または 5 週間の 3 つの区分に分割されます。各四半期を区分に分割するため、各四半期に含まれる週数を確認する必要があります。

  1. [分析] > [計算フィールドの作成] を選択します。

  2. 計算フィールドに "Weeks in Quarter (四半期に含まれる週数)" と名前を付けます。

  3. 計算ダイアログに以下の計算を入力します。

    DATEPART('iso-quarter', [Order Date])*13 - DATEPART('iso-week', [Order Date])

ステップ 3: 4-4-5 カレンダー計算の作成

  1. [分析] > [計算フィールドの作成] を選択します。

  2. 計算フィールドに "4-4-5 Segment (4-4-5 区分)" と名前を付けます。

  3. 計算ダイアログに以下の計算を入力します。

    IF([Weeks in Quarter] > 8) THEN "1" ELSEIF ([Weeks in Quarter] > 4) THEN "2" ELSE "3" END

  4. [データ] ペインから、[4-4-5 Segment (4-4-5 区分)] 計算フィールドを [行] シェルフにドラッグします。

次も参照してください。

日付と時刻(Link opens in a new window)

日付関数(Link opens in a new window)

 

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください