ツリーマップの作成

ツリーマップは、ネストされた長方形にデータを表示します。ディメンションを使用してツリーマップの構造を定義し、メジャーを使用して個々の長方形のサイズまたは色を定義します。ツリーマップは、比較的単純なデータ可視化であり、視覚的に魅力的な形式です。

ツリーマップは、以下の基本のブロックで構成されています。

マーク タイプ:

自動または四角

:

ディメンションまたはメジャー

サイズ

メジャー

ラベルまたは詳細:

ディメンション

広範な製品カテゴリーにわたり集計された合計売上高を表示するツリーマップを作成するには、次の手順に従います。

  1. Sample - Superstore データ ソースに接続します。

  2. [列]"Sub-Category (サブカテゴリー)" ディメンションをドラッグします。

    製品カテゴリーを示す横軸が表示されます。

  3. [行]"Sales (売上高)" メジャーをドラッグします。

    メジャーが合計として集計され、縦軸が作成されます。

    [列] シェルフにディメンションと [行] シェルフにメジャーがある場合、Tableau では既定のグラフ タイプである棒グラフが表示されます。

  4. ツール バーの [表示形式] をクリックし、ツリーマップ グラフ タイプを選択します。

    次のツリーマップが表示されます。

    このツリーマップでは、長方形のサイズと長方形の色の両方は"Sales (売上高)"の値によって決定されています。各カテゴリーにおける売上高の合計が大きいほど、ボックスが大きくて濃くなります。

  5. [マーク] カードの [色][Ship Mode (出荷モード)] ディメンションをドラッグします。結果として表示されるビューでは、"Ship Mode (出荷モード)" によって長方形の色が決定し、4 つに分かれたエリアをそれぞれ並べ替えます。"Sales (売上高)" が長方形の大きさを決定します。

  6. ツリーマップを変更する他のオプションを試す:[元に戻す] ボタンをクリックして、ビューから "Ship Mode (出荷モード)" を削除します。

  7. [マーク] カードの [色]"Profit (収益)" メジャーをドラッグします。今度は "Profit (収益)" が長方形の色を決定し、"Sales (売上高)" が長方形のサイズを決定しています。

ツリーマップを使用する場合、サイズは重要な要素です。[サイズ][色] にメジャーを配置できますが、他の場所に配置すると効果はありません。ツリーマップは複数のディメンションに [色] の 1 つまたは 2 つのディメンションなど、ディメンションをいくつでも含めることができます。それ以外にも、ディメンションを追加すると、マップはさらに多数の小さな長方形に分割されます。ツリーマップの [色] に 2 つのディメンションを配置する方法の詳細については、例 – [色] の複数フィールドを参照してください。

作業を確認します。以下のステップ 1 ~ 7 をご覧ください。

 

ありがとうございます!