散布図の作成

散布図を使用すると、数値変数の間の関係を視覚化できます。

Tableau では、[列] シェルフと [行] シェルフの両方に 1 つ以上のメジャーを配置することによって、散布図を作成します。これらのシェルフにディメンションとメジャーの両方が含まれている場合は、メジャーが最深部のフィールドとして配置されます。つまりこのメジャーは常に、これらのシェルフにも配置されている任意のディメンションの右側にあります。この場合における "最深部" という言葉は、表の構造に言及しています。

シンプルな散布図の作成 散布図マトリックスの作成

散布図では複数のマーク タイプを使用できます。既定では、Tableau は形状マーク タイプを使用します。データによっては、円や四角形などの他のマーク タイプを使用する場合もあります。詳細については、ビュー内のマークのタイプを変更するを参照してください。

散布図と傾向線を使用して売上高と収益を比較するには、次の手順に従います。

  1. Sample - Superstore データ ソースを開きます。
  2. [列]"Profit (収益)" メジャーをドラッグします。

    メジャーが合計として集計され、横軸が作成されます。

  3. [行]"Sales (売上高)" メジャーをドラッグします。

    メジャーが合計として集計され、縦軸が作成されます。

    メジャーは連続する数値データで構成できます。一方の数値を他方の数値に対してプロットする場合、2 つの数値が比較されます。結果のグラフは x 座標と y 座標を持つ直交座標グラフに似ています。

    これで、次のような 1 マークの散布図が表示されます。

  4. [マーク] カードの [色]"Category (カテゴリー)" ディメンションをドラッグします。

    これによりデータは各ディメンション メンバーに対応する 3 つのマークに分類され、マークは色を使用してエンコードされます。

  5. [マーク] カードの [詳細]"Region (地域)" ディメンションをドラッグします。

    ビューには多くのマークがあります。マークの数値は、部門の数値を掛けたデータ ソース内の個別の地域の数値と等しくなります。(関心がある場合は、ツールバーの [元に戻す] ボタンを使用して、"Region (地域)" ディメンションを [詳細] の代わりに [形状] に配置するとどうなるか確認してください。)

  6. 傾向線を追加するには、[アナリティクス] ペインからビューまで [傾向線] モデルをドラッグし、モデル タイプの上にドロップします。

    傾向線により、2 つの数値間関係の統計的定義が提供されます。傾向線をビューに追加するには、両方の軸に数値として解釈できるフィールドが含まれている必要があります。定義上、それは常に散布図に当てはまります。

    この場合は、3 つのカテゴリーを区別するために使用している各色に対応する 3 本の線形傾向線が追加されています。

  7. 傾向線にカーソルをポイントすると、傾向線の作成に使用したモデルについての統計情報を参照することができます。

    詳細については、傾向線の有意性の評価を参照してください。また、傾向線をカスタマイズして、さまざまなモデル タイプを使用したり信頼区間を含めたりすることもできます。詳細については、ビジュアライゼーションへの傾向線の追加を参照してください。

    作業を確認します。以下のステップ 1 ~ 7 をご覧ください。

    次も参照してください。

    例: 散布図、集計、および粒度

ありがとうございます!