Tableau Online の新機能

このトピックには、Tableau Online に追加された主要な機能の概要が含まれます。

Tableau Online リリース ノート(Link opens in a new window) | 既知の問題(Link opens in a new window)

Web の作成とビューの操作

Web の作成とビューの操作に関する新たな機能と拡張については、「Tableau Desktop と Web 作成の新機能(Link opens in a new window)」を参照してください。これらのタスクに関連するその他のトピックについては、「 Web での Tableau の使用(Link opens in a new window)」を参照してください。

2021 年 6 月の新機能

Tableau で MFA を使用

セキュリティ環境が変化し、ユーザーの認証資格情報を危険にさらす脅威が一般的になるにつれて、組織とユーザーを保護するための強力なセキュリティ対策を実装することが重要になっています。組織がシングル サインオン (SSO) の ID プロバイダー (IdP) と直接連携していない場合は、Tableau 認証で多要素認証 (MFA) を有効にして、ユーザーのサインイン プロセスをより安全にすることができます。

詳細については、次のいずれかを参照してください。

「データに聞く」の合理化されたサイト設定

「データに聞く」の合理化されたサイト設定では、すべてのデータ ソースに対してサイト全体で機能を無効または有効にできるようになりました。サイト全体で有効になっている場合、インデックス作成の頻度はデータ ソースごとにカスタマイズできます。詳細については、「サイトでの「データに聞く」 (Ask Data) 機能の無効化または有効化」を参照してください。

コレクション内のアイテムを整理する

コレクションは、ユーザーが自分にとって意味のある方法でコンテンツを整理できるようにするプレイリストのようなものです。Viewer、Explorer、Creator はすべて、コレクションを作成して共有できます。詳細については、「コレクション内のアイテムを整理する」を参照してください。

コレクションの限定プレビューに参加した場合、パブリック コレクションを制御するためのサイト設定は存在しません。現在、コレクションのパーミッションは、他のタイプのコンテンツと同じ方法で制御されます。詳細については、「コレクションのパーミッション」を参照してください。

Salesforce データを使用してワークブックを作成する

Salesforce データを Tableau Online に統合して、サイトのユーザー向けのスターター コンテンツを作成できるようになりました。Salesforce に接続すると、すぐに使用できるワークブックとデータ ソースが Tableau で公開され、セールス クラウドとサービス クラウドで分析を迅速に開始できるようになります。詳細については、「Salesforce データを使用したワークブックの作成」を参照してください。

Web オーサリングで抽出の設定を構成する

Web オーサリングで作成する抽出の設定を構成できるようになりました。必要に応じて、抽出内のデータの保存方法、フィルターの定義方法、およびデータ量の制限方法を Tableau に指示するオプションを設定できます。詳細については、Web 上での抽出の作成を参照してください。

Einstein Discovery の予測を Web 上の準備フローに取り入れる

バージョン 2021.2 以降、Einstein Discovery に組み込まれている予測モデルを Web 上の準備フローに直接取り込むことができるようになりました。

: この機能を使用するには、Einstein Discovery にアクセスするように構成された Salesforce ライセンスとユーザー アカウントが必要です。

機械学習と人工知能の力を利用して、フロー データを一括スコアリングし、行レベルで予測結果の新しいフィールドを生成できます。また、予測結果に影響したフィールドに関するデータを含めるために、上位の予測変数と推奨される改善フィールドを追加できます。予測ステップをフローに追加し、Einstein Discovery にサインインして、デプロイされたモデルから選択し、それらをフロー データに適用します。次に、フロー出力を生成し、新しいデータ ソースを使用して Tableau で予測された結果を分析します。この機能は Tableau Prep Builder バージョン 2021.1.3 で初めて導入されました。詳細については、Tableau Prep ヘルプの「フローに Einstein Discovery Predictions を追加する(Link opens in a new window)」および「Web 上でのフローの作成と操作」を参照してください。

公開されたダッシュボードで「データの説明を見る」の説明を共有する

「データの説明を見る」のユーザーインターフェイスを検討し直し、幅広いビジネス ユーザー向けに最適化しました。作成者 (Creator または 編集権限のある Explorer) は、公開されたワークブックのダッシュボードとシートの閲覧者に対して、「データの説明を見る」を有効化できるようになりました。閲覧者は、ビュー内の関心のあるマークを選択し、「データの説明を見る」を実行して、以前よりも深くデータを探索できます。

表示モードでの「データの説明を見る」へのアクセスはデフォルトで有効になっていないため、作成者はこのオプションを有効にする必要があります。表示モードで「データの説明を見る」を有効にする方法については、「公開されたワークブックとダッシュボードの表示モードで「データの説明を見る」を有効にする」を参照してください。

「データの説明を見る」の詳細については、「「データの説明を見る」を使用して、インサイトをより早く発見する」、「「データの説明を見る」を使い始める」、「「データの説明を見る」を使用する場合の要件と考慮事項」を参照してください。

カスタム OAuth を構成する

サイト管理者は、サイトのカスタム OAuth クライアントを構成して、デフォルトの OAuth クライアントを上書きできるようになりました。詳細については、カスタム OAuth を構成するを参照してください。

Bridge を使用してより多くのデータを最新の状態に保つ

Bridge に、次のコネクタのサポートが追加されました。

  • Alibaba AnalyticsDB for MySQL
  • Alibaba Data Lake Analytics
  • Databricks
  • Denodo
  • Impala
  • Kyvos

Bridge の接続の詳細については、「Bridge を使用した接続」を参照してください。

新しい管理者インサイト データ ソースを探索する

新しい管理者インサイト データ ソースを使用すると、Tableau Online サイトの可視性が高まります。グループ データ ソースに接続して、ユーザーのグループへのメンバーシップを確認したり、サイト コンテンツ データ ソースに接続して、サイトのコンテンツ アイテムに関するガバナンス情報を確認したりできるようになりました。詳細については、管理者インサイトを使用したカスタム ビューの作成 を参照してください。

Tableau Catalog - (Data Management Add-on の一部)

フィールドの説明の追加 - 公開されたデータ ソースのフィールドについての説明を追加して、データ ソース ページの [系統] タブの [説明] 列に表示できます。ビジュアライゼーションを作成すると、[データ] タブにもその説明が表示されます。詳細については、「公開されたデータ ソースのフィールドの説明」を参照してください。

データ品質に関する警告の更新

  • 警告メッセージ用のフォーマットされたテキストのサポート - データ品質に関する警告メッセージを作成または編集するときに、太字、下線、および斜体でテキストを書式設定したり、リンクや画像を含めたりすることができるようになりました。詳細については、「データ品質に関する警告を設定する」を参照してください。
  • 警告に必要なメッセージ - データ品質に関する警告を作成するときに、ユーザーに表示するメッセージを入力することが必要になりました。(抽出の更新またはフローの失敗を監視するように Tableau を設定しているときは、その結果生成される警告には適用されません)詳細については、「データ品質に関する警告を設定する」を参照してください。

継承された説明が Tableau Desktop に表示される - フィールドの説明がフィールドの上流に存在する場合、説明の継承元に関する情報とともに、説明が Tableau Desktop に表示されるようになりました。詳細については、「公開されたデータ ソースのフィールドの説明」を参照してください。

テーブルのフルネームが表示される - テーブルのフルネームがテーブル ページに追加されました。

タグによるフィルター - [接続先] ダイアログ ボックスで、データベース、ファイル、およびテーブルをタグでフィルターできるようになりました。

埋め込みまたは非埋め込みによるフィルター - [外部アセット] ページで、データベース、ファイル、およびテーブルをアセット カテゴリ (埋め込みまたは非埋め込み) でフィルターできるようになりました。

Web 上でパラメーター アクションを作成する

Tableau Online と Tableau Server の両方でパラメーター アクションを作成できるようになりました。パラメーター アクションを作成するとき、viz でデータを表示する方法をカスタマイズします。また、ユーザーは、viz と直接対話することにより、パラメーター値を変更できます。詳細については、「パラメーター アクション(Link opens in a new window)」を参照してください。

Web 上でセット アクションを作成する

Tableau Online と Tableau Server の両方でセット アクションを作成できるようになりました。セットを使用してデータのサブセットを定義し、次に、セット アクションを使用して、セット内のメンバーをビュー内の他のデータと比較する方法を制御します。詳細については、「セット アクション」(Link opens in a new window)を参照してください。

このセクションの他の記事

ありがとうございます!