Tableau ではリソースを節約するために、非アクティブなワークブックの抽出更新タスクを自動的に中断することができます。この機能は抽出の完全更新のみに適用され、抽出の増分更新は対象外です。この機能は、週 1 回よりも多く実行される更新タスクにのみ適用され、それよりも更新頻度が低いタスクには適用されません。この機能は、ワークブックに埋め込まれた抽出にのみ適用され、パブリッシュされたデータ ソースには適用されません。

これらのイベントのいずれかが発生した場合、非アクティブなワークブックのカウントダウン タイマーがリセットされます。

  • ワークブック シートの表示
  • ワークブックでデータ主導アラートまたはサブスクリプションを設定する
  • ワークブックのダウンロード
  • ワークブックの場所の移動または所有者の変更

この機能は Tableau Server でのみ構成できます。Tableau Online ではこの機能は構成できません。抽出更新タスクを一時停止するまでワークブックを非アクティブにできる日数は 32 日間です。

通知

抽出更新スケジュールが一時停止される 3 日前に、メール通知が送信されます。

抽出更新スケジュールが一時停止されると、別のメール通知が送信されます。

一時停止された抽出更新の再開

一時停止された抽出更新は、ユーザーがワークブックを使用しても自動的には再開しません。再開は手動で行う必要があります。

一時停止された抽出更新を表示および再開するには、次の手順を実行します。

  1. サイトにサインインし、[タスク] をクリックします。
  2. [抽出更新] タブをクリックします。
  3. 1 つまたは複数のアイテムを選択します。
  4. [アクション] メニューで、[再開] を選択します。

ありがとうございます!