プロダクト キーの更新または非アクティブ化

新しいサブスクリプションを購入するときは、プロダクト キーを更新する必要があります。Tableau 製品を別のコンピューターに移動する場合、またはコンピューターから削除する必要がある場合、プロダクト キーを非アクティブにする必要があります。

注: Tableau Desktop ライセンスの管理に ログインベースのライセンス管理 または 実行承認 (ATR) サービスを使用している場合、これらのコマンドを使用して Tableau を更新したり、非アクティブにしたりする必要はありません。ログインベースのライセンス管理 の詳細については、license_lblm.htm(新しいウィンドウでリンクが開く) を参照してください。ATR サービスの詳細については、仮想デスクトップ サポートの構成を参照してください。

プロダクト キーの更新 (Tableau Desktop のみ)

レガシー プロダクト キーを持っている場合、新しいサブスクリプションを購入するときは、プロダクト キーを更新する必要があります。プロダクト キーを更新すると、新しい日付でプロダクト キーが更新され、新しい有効期限が反映されます。

有効期限が切れる前にサブスクリプション (期間) プロダクト キーを更新した場合、プロダクト キーは変更されませんが、有効期限は変更されます。プロダクト キーは、有効期限が切れると、またはその後すぐに変更されます。サブスクリプション (期間) プロダクト キーが更新されずに有効期限が切れると、Tableau は動作を停止するため、Tableau カスタマー ポータルで新しいプロダクト キーをライセンス認証する必要があります。

一方、プロダクト キーが永続的 (レガシー) であり、メンテナンスの有効期限が切れている場合、Tableau は引き続き動作しますが、メンテナンスが更新されるまでアップグレードにアクセスすることはできません。メンテナンスを更新した後、既存のプロダクト キーを更新してメンテナンスの有効期限を更新します。プロダクト キーは変更されません。

注: Tableau Desktop がオフラインの場合は、プロダクト キーを更新できません。Tableau Desktop をオフライン モードでライセンス認証する場合は、Tableau カスタマー ポータルから新しいキーを取得し、ライセンス認証する必要があります。

コマンド ラインを使用して Tableau Desktop のプロダクトキーを更新するには、-refresh オプションを使用します。

自動スクリプトを使用して Tableau Server のプロダクト キーを更新する場合は、Tableau Server ヘルプの「ライセンス発行タスクの自動化」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

Windows

-refresh オプションとプロダクトキーを使って tableau.exe を実行します。例:

start/wait "" "C:\Program Files\Tableau\Tableau <version>\bin\tableau.exe" -refresh

Mac

/Applications パスの Tableau オブジェクトで -refresh オプションを実行します。

./Applications/Tableau.app/Contents/MacOS/Tableau -refresh

ダウンタイム ゼロのライセンス発行を使用して、プロダクト キーを自動的に更新する

Tableau バージョン 2021.1 以降、インターネットに接続されている Tableau Desktop および Tableau Prep Builder のユーザーは、プロダクト キーを手動で更新する必要はありません。ユーザーが Tableau Desktop または Tableau Prep Builder にサインインしている場合、サブスクリプションの有効期限の 14 日前に、ユーザーによるアクションを必要とすることなく、期間ライセンスが自動的に更新されます。永続的なプロダクト キーは自動的に更新されないため、[プロダクト キーの管理] メニュー オプションを使用して手動で更新する必要があります。

Tableau Desktop および Tableau Prep Builder がアクティブなプロダクト キーのサイレント更新を試みます。サイレント更新が失敗した場合、ライセンスの有効期限が切れる 14 日前にユーザーに警告が表示されます。Tableau は、プロダクト キーの更新を 3 回 (ライセンスの有効期限の 14 日前、2 日前、1 日前) 試みて、サブスクリプションの更新時にライセンスの有効期限が延長されるようにします。プロダクト キーは、その期間に Tableau Desktop ユーザーが Tableau Desktop にサインインしなければ、更新されません。Tableau Desktop に毎日サインインしていないユーザーは、[プロダクト キーの管理] メニュー オプションを使用してプロダクト キーを更新する必要があります。

プロダクト キーのライセンス認証を解除

:自動スクリプトを使用して Tableau Server のプロダクト キーのライセンス認証を解除する場合は、Tableau Server ヘルプの「ライセンス発行タスクの自動化」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

Tableau Desktop あるいは Tableau Prep Builder を別のコンピューターに移動する場合、またはコンピューターから削除する必要がある場合、プロダクト キーのライセンス認証を解除する必要があります。

個別のコンピューターから手動で削除する必要なく Tableau Desktop あるいは Tableau Prep Builder のプロダクト キーを取得してライセンス認証を解除するには、コマンド ラインから Tableau を起動し、-return オプションを使用します。このオプションは、1 つのパラメーター (プロダクト キー) を使用します。

Tableau Desktop ライセンスの管理に実行の承認 (ATR) サービスを使用している場合、これらのコマンドを使用して Tableau の更新やライセンス認証の解除を行う必要はありません。ATR サービスの詳細については、仮想デスクトップ サポートの構成を参照してください。

プロダクト キーはアンインストール中に非アクティブにすることもできます (Windows デスクトップのみ)。詳細については、アンインストール中にプロダクト キーを非アクティブにする (Windows デスクトップのみ)を参照してください。

Windows

次の例のように、-return オプションとプロダクトキーを使用して tableau.exe を実行します。

start/wait "" "C:\Program Files\Tableau\Tableau <version>\bin\tableau.exe" -return <product_key>

または

start/wait "" "C:\Program Files\Tableau\Tableau Prep Builder <version>\Tableau Prep Builder.exe" -return <product_key>

Mac

/Applications パスの Tableau オブジェクトで -return オプションを実行します。

./Applications/Tableau.app/Contents/MacOS/Tableau -return <product_key>

または

"./Applications/Tableau Prep Builder <version>.app/Contents/MacOS/Tableau Prep Builder" -return <product_key>

アンインストール中にプロダクト キーを非アクティブにする (Windows デスクトップのみ)

RECLAIMLICENSE=1 インストーラー オプションを使用して Windows で Tableau Desktop をアンインストールする場合は、コマンド ラインから永続的な (またはバージョン 2018.3 以降のサブスクリプション) プロダクト キーを非アクティブにすることができます。

例:

tableauDesktop-64bit-2021-4-4.exe /uninstall /quiet /norestart ACCEPTEULA=1 RECLAIMLICENSE=1

ライセンスを再請求すると Tableau Desktop のライセンスが解除され、関連付けられているプロダクト キーは、今後使用できるようにアクティブ化されていない状態に戻ります。Tableau.exe でアンインストールの開始時に -return コマンドを実行し、アクティブな永続または期間プロダクト キーのライセンス認証を解除します。

フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!