Tableau Server から返されたチケットの値 -1

Tableau Server は、信頼できる認証プロセスの一環としてチケットを発行できない場合に、チケット値として -1 を返します。このシナリオのトラブルシューティングを行う前に、信頼できる認証のトラブルシューティングで指定されたように、信頼できる認証のログレベルを必ず debug に設定してください。

このメッセージの理由は、以下のフォルダー内の vizqlserver_node*-*.log.* ファイルに書き込まれます。

ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs\vizqlserver

以下を確認します。

  • すべての Web サーバーのホスト名または IP アドレスが信頼できるホストに追加されている

    ログ エラー「無効な要求ホストです <IP address>」は、POST 要求を送信しているコンピューターの IP アドレスまたはホスト名が Tableau Server の信頼できるホストのリストにないことを示している場合があります。このリストに IP アドレスまたはホスト名を追加する方法については、Tableau Server への信頼できる IP アドレスまたはホスト名の追加を参照してください。

  • IP アドレスが IPv4 である

    信頼できるホストを指定するために IP アドレスを使用している場合、アドレスは Internet Protocol version 4 (IPv4) 形式である必要があります。IPv4 アドレスは次のようになります。123.456.7.890。IPv6 アドレス (たとえば、fe12::3c4a:5eab:6789:01c%34) は、信頼できるホストを入力する手段としてサポートされません。

  • POST 要求のユーザー名が有効な Tableau Server ユーザーである

    POST 要求で送信するユーザー名は、Tableau Server ライセンス ユーザーでなければなりません。管理者として Tableau Server にサインインすると、ユーザーの一覧を表示できます。

    次のログ エラーは、ユーザーの POST に関する問題を示しています。

    • 「username および/または client_ip がありません」

    • 「無効なユーザー: <username>」

    • 「ライセンスのないユーザーは許可されません: <username>」

    POST 要求内のユーザー名にドメインが含まれている

    Tableau Server がローカル認証を使用するように構成されている場合は、POST で送信されるユーザー名は単純な文字列です。しかし、サーバーが Active Directory を使用するように構成されている場合は、ドメイン名とユーザー名を含める必要があります (domain\username)。たとえば、username パラメーターは、次のようになります。username=dev\jsmithこのシナリオで一般的なエラー ログは、「無効なユーザー: <username>」です。

  • コンテンツのタイプが指定されている

    ASP.NET または C# アプリケーションの設計を行っている場合、HTTP 要求でコンテンツのタイプを宣言する必要があります。例:

    http.setRequestHeader("Content-Type","application/x-www-form-urlencoded;charset=UTF-8")

    コンテンツのタイプを指定しない場合、Tableau Serverにより -1 が返される、つまりログ ファイルにエラーが含まれます。"missing username and/or client_ip".

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください