オプション: クライアント IP 照合の設定

既定では、Tableau Serverはチケットの作成または引き換え時に、クライアントの Web ブラウザーの IP アドレスを考慮しません。これを変更するには、次の 2 つの操作が必要です。チケットを取得する POST 要求で client_ip パラメーターを使用して IP アドレスを指定し、以下の手順に従って Tableau Server がクライアントの IP アドレス照合を実行するように設定します。

  1. 管理者として bash シェルを開き、次のコマンドを入力します。

    tsm configuration set -k wgserver.extended_trusted_ip_checking -v true
  2. 次のコマンドを入力します。

    tsm pending-changes apply 

    pending-changes apply コマンドは、Tableau Server が実行中の場合にはそれが再起動することを知らせるプロンプトを表示します。このプロンプトはサーバーが停止しても表示されますが、その場合には再起動は行われません。--ignore-prompt オプションを使用してメッセージが表示されないようにできますが、そのようにしても再起動に関する動作が変わることはありません。詳細については、tsm pending-changes applyを参照してください。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください