tabcmd

Tableau では、Tableau Server サイトでのサイト管理タスクの自動化に使用できる tabcmd コマンドライン ユーティリティを提供しています。サイトの管理タスクを自動で実行できます (ユーザー、プロジェクト、グループの作成や削除など)

注: tabcmd ユーティリティは Tableau Server に含まれますが、そのインストーラは含まれていません。初期サーバー ノード以外のコンピューター上で実行する場合は、Tableau ウェブサイトからインストーラをダウンロードする必要があります。詳細については、tabcmd のインストールを参照してください。

tabcmd のインストール

Tableau Server または Tableau Online を新しいバージョンにアップグレードする際に、バージョンの不適合によって生じる問題を避けるために更新後のバージョンの tabcmd が必要な場合は、Tableau Web サイトの Tableau リリース ページからダウンロードできます。古いバージョンの tabcmd を使用すると、エラーや予期しない結果を引き起こすことがあります。

  1. Web ブラウザを開いて Tableau サーバー リリース ページ (Tableau Online を使用している場合でもこれを実行します) にアクセスします。

  2. Tableau Online では細心のリリースを選択します。

    Tableau Server (Windows または Linux)ではサーバー バージョンと一致するリリースを選択してください。

    展開された情報にメンテナンス リリースが表示されている場合、最新のメンテナンス リリースまたはサーバー バージョンと一致するものを選択します。

    Select the server version you use (latest release for Tableau Online)

    これによりリリース ノート ページが表示され、セキュリティ改善と解決した問題について読むことができます。

    注: 10.1 より前のバージョンの Tableau Server で tabcmd インストーラーが必要な場合は、サーバーのインストール内容に含まれています。上記の注を参照してください。

  3. 解決した問題の下にある [ファイルのダウンロード] セクションまでスクロールして、tabcmd コマンドを実行する予定のコンピューターと互換性のある tabcmd ダウンロード リンクを選択します。 

    残りの手順では、このコンピューターを "tabcmd コンピューター" と呼びます。

    Select the tabcmd installer for the computer you'll use it on (32- or 64-bit)

  4. インストーラを tabcmd コンピューターまたはそのコンピューターからアクセス可能な場所 に保存します。

  5. tabcmd コンピューターのオペレーティング システムで適切なインストール手順を完了します。

    • Windows

    インストーラを実行します。

    Tableau を使用する際に便利なため、tabcmd を C:\ drive (C:\tabcmd) のルートにある tabcmd という名前のフォルダーにインストールすることをお勧めします。そうすることで、Windows オペレーティング システムでの一部の制限に対応することができます。

    :tabcmd 設定プログラムは、tabcmdディレクトリを Windows PATH 変数に追加しません。手動で追加するか、呼び出すたびに tabcmd への完全パスを含めることができます。

    • Linux

    1. sudo アクセスのあるユーザーで tabcmd コンピューターにログインします。

    2. ダウンロードした .rpm または .deb パッケージをコピーしたディレクトリに移動します。

      • CentOS を含む RHEL ライクなディストリビューションで、次のコマンドを実行します。

        sudo yum install tableau-tabcmd-<version>.noarch.rpm

      • Ubuntu および Debian で次のコマンドを実行します。

        sudo gdebi -n tableau-tabcmd-<version>_all.deb

tabcmd の使用方法

tabcmd を使用する基本的な手順は次のとおりです。

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

  2. Windows コンピューターで、最初のノード以外のコンピューターに tabcmd をインストールした場合は、tabcmd をインストールしたディレクトリに変更します。

    Linux コンピューターでは、インストール ディレクトリに変更する必要はありません。

  3. tabcmd コマンドを実行します。

tabcmd を使用する場合、認証されたサーバー セッションを確立する必要があります。セッションは、Tableau Server や Tableau Online サイト、およびセッションを実行している ユーザーを識別します。最初にセッションを開始してコマンドを指定するか、セッションの開始とコマンドの実行を一度に行うことができます。

重要: tabcmd を使用して複数のタスクを実行している場合、各タスクを同時に (並行して) ではなく、順番に (連続して) 実行する必要があります。

コマンド (login など) およびオプション ( -s-u など) は大文字と小文字を区別しませんが、ユーザーが指定する値 (User@Example.com など) は大文字と小文字を区別します。

次のコマンドは、Tableau Serverでの tabserver.mycompany.com という名前のセッションの開始を示します。

tabcmd login -s http://tabserver.mycompany.com -u admin -p mypassword

次の例は、Sales_Workbookというワークブックを削除するコマンドを示します。

tabcmd delete "Sales_Workbook" 

次に、1 つのコマンドで上記の手順すべてを達成する方法を示します。ここで login は必要ありません。

tabcmd delete "Sales_Workbook" -s http://tabserver.mycompany.com -u admin -p mypassword 

Tableau Server では複数のサイトを実行できます。ワークブックがマルチサイト サーバーの既定サイトにある場合、既定を指定する必要はありません。上記のコマンドで十分です。ただし、コマンドが既定以外のサイトのものに適用されている場合、そのサイト用にサイト ID を指定する必要があります (loginを参照)。West Coast Sales サイト上にあるワークブックの場合の同じコマンドは、次のとおりです (サイト ID は wsales)。

tabcmd delete "Sales_Workbook" -s http://tabserver.mycompany.com -t wsales -u admin -p mypassword 

オプションの -s-t-u-p などは、tabcmd間のグローバル変数であるため、任意のコマンドと共に使用できます。

詳細については、tabcmd コマンドを参照してください。

ステータス メッセージおよびログ

コマンドが成功すると、tabcmdはステータス コード 0 を返します。0 以外のステータス コードの詳しいエラー メッセージは stderr に出力されます。また、情報提供や進捗状況のメッセージも stdout に出力されます。

デバッグ、進捗状況、エラー メッセージを含む tabcmd.log という名前の詳細ログが C:\Users\<username>\AppData\Local\Tableau に書き込まれます。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください