Tableau Server 用のスイッチとプロパティのインストール

コマンド ラインから Tableau Server on Windows をインストールしている場合、以下のインストーラー スイッチを使用できます。

注: バージョン 2019.4.0 以降、Tableau Server セットアップ プログラムが新しくなりました。以下のスイッチとプロパティは、バージョン 2019.4.0 以降にのみ適用されます。以前のバージョンの Tableau Server をインストールしていて、コマンド ライン オプションに関する情報が必要な場合は、『2019.3 サーバー管理者ガイド』の「Tableau Server 用スイッチのインストール (2019.3 以前)(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。バージョン 2019.4.0 以降にアップグレード中で、以前のバージョンでインストール スイッチを使用している場合、特定の変更の詳細については、「Tableau Server セットアップのコマンド ライン インストール オプションの変更点」を参照してください。

スイッチ 説明 コメント
/install | /repair | /uninstall | /layout "<directory>"

セットアップを実行して Tableau Server をインストール、修復、またはアンインストールするか、/layout を使用して、指定したディレクトリにインストール バンドルの完全なローカル コピーを作成します。

既定では、UI とすべてのプロンプトをインストールして表示します。新規インストールでディレクトリが指定されていない場合は、C:\Program Files\Tableau\Tableau Server が使用されます。Tableau Server が既にインストールされている場合、セットアップは現在のインストールと同じ場所を使用します。
/passive

最小限の UI を使用してセットアップを実行します。プロンプトは表示されません。

Tableau Server が /passive モードでインストールされている場合、自動的に起動しません。Tableau Server を起動するには、tsm start を使用します。
/quiet | /silent

無人の完全なサイレント モードでセットアップを実行します。UI もプロンプトも表示されません。

Tableau Server が /silent モードまたは /quiet モードでインストールされている場合、自動的に起動しません。Tableau Server を起動するには、tsm start を使用します。

注: /silent または /quiet のいずれか (両方ではない) を使用します。

/norestart

再起動が必要な場合でも、Windows を再起動せずにセットアップを実行します。

注: まれに、このオプションを使用しても再起動を抑制できない場合があります。これは、他のソフトウェアのインストール中など、以前のシステムの再起動がスキップされた場合に生じる可能性が最も高くなります。

/log "<drive>\<path>\<log-file>.<ext>" 指定したファイルおよびパスに情報を記録します。

注: バージョン 2021.2.0 以降、/log オプションを使用した場合の動作が変更されました。詳細については、「Tableau Server の新機能と変更点」を参照してください。

.

このスイッチをパスとログ ファイル名とともに使用すると、インストールの完了後にログを使用できるようになります。

このスイッチをログ ファイル名で使用しているもののパスがない場合、ログ ファイルは一時的な場所に書き込まれ、インストールの完了時に削除されます。

このスイッチを使用しているものの、ログ ファイル名が指定されていない場合、スイッチは無視され、ファイルは %TEMP% に書き込まれます。

このスイッチを使用しない場合、ログ ファイルは %TEMP% に書き込まれます。

 

プロパティ 説明 コメント
ACCEPTEULA=1|0 エンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) に同意します。最初のノードと追加ノードのどちらにおいても、静的インストール、サイレント インストール、パッシブ インストールに必要です。1 = true、EULA を受け入れる、0 = false、EULA を受け入れない。

/passive/silent、または /quiet の使用時に含まれていない場合は、セットアップはダイアログを表示せずに失敗します。

含まれているが 0 に設定されている場合、セットアップは失敗します。

ACTIVATIONSERVICE="1" 実行承認 (ATR) サービスを使用して、Tableau Server をアクティブ化します。"1" = ATR を使用します。

このオプションは、新規インストールのみに使用でき、アップグレードには使用できません。次の場合にこのオプションを選択します。

  • オンラインで Tableau Server をアクティブ化する場合
  • Tableau Server をクラウドにインストールする場合
  • 仮想マシンまたはその他の非永続的な環境に Tableau Server をインストールする場合

次の場合にはこのオプションを使用しないでください。

  • オフラインで Tableau Server をアクティブ化する場合
  • エアギャップ環境に Tableau Server をインストールする場合

詳細については、「実行承認 (ATR) サービスを使用して Tableau Server をライセンス認証する(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

BOOTSTRAPFILE="<path\to\bootstrap\file>" クラスタにノードを追加する際に必要です。bootstrap ファイルには追加ノードで使用される構成が含まれます。 例:<Setup file> /silent ACCEPTEULA=1 BOOTSTRAPFILE="C:\Users\tableauadmin\Downloads\bootstrap.json"
CONTROLLERPORT= 任意の項目です。Tableau Services Manager (TSM) の コントローラが実行するポート。 指定しない場合、デフォルトは 8850 です。
COORDINATIONSERVICECLIENTPORT= 任意の項目です。Tableau Services Manager (TSM) の調整サービスのクライアントを実行するポート。 含まれていない場合は、動的にマップされた既定のポートで実行されます。詳細については、「Tableau サービス マネージャーのポート」を参照してください。
COORDINATIONSERVICEPEERPORT= 任意の項目です。Tableau Services Manager (TSM) の調整サービスのピアを実行するポート。 含まれていない場合、デフォルトは動的にマップされたポートになります。詳細については、「Tableau サービス マネージャーのポート」を参照してください。
COORDINATIONSERVICELEADERPORT= 任意の項目です。Tableau Services Manager (TSM) の調整サービスのリーダーが実行するポート。 含まれていない場合、デフォルトは動的にマップされたポートになります。詳細については、「Tableau サービス マネージャーのポート」を参照してください。
DATADIR="<path\to\data\directory>" オプション。Tableau Server のソフトウェア構成とデータが保存されている場所。データ ディレクトリ パスを指定せず、Tableau Server が既定の場所にインストールされている場合 (INSTALLDIR が指定されていない場合)、既定のデータ ディレクトリが使用されます: C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server。データ ディレクトリー パスを指定せず、INSTALLDIR を指定した場合は、DATADIR も INSTALLDIR の場所に設定されます。 例: DATADIR="D:\TableauServerData"
EMBEDDEDCREDENTIAL=1|0

クラスタにノードを追加する際に必要であり、TSM コンピューター上の bootstrap ファイルには管理者の埋め込み認証資格情報が含まれています。

1 = true、0 = false.既定は 0 です。

/silent または /quiet、および BOOTSTRAPFILE と一緒に使用する必要があります。

例:<Setup file> /silent ACCEPTEULA=1 BOOTSTRAPFILE="C:\Users\tableauadmin\Downloads\bootstrap.json" EMBEDDEDCREDENTIAL=1

INSTALLDIR="<path\to\installation\directory>" 指定した既定以外のインストール場所にインストールします。

インストール サーバーの場所を指定します。使用されていない場合、Tableau Server は C:\Program Files\Tableau\Tableau Server にインストールされています

例: <Setup file> /silent INSTALLDIR="D:\Tableau\Tableau Server"

LICENSESERVICEVENDORDAEMONPORT= 任意の項目です。ライセンス サービス ベンダー デーモンを実行するポート。これは、ノード間のライセンス関連の通信のために分散インストールで使用されます。 含まれていない場合、デフォルトは動的にマップされたポートになります。詳細については、「Tableau サービス マネージャーのポート」を参照してください。
SKIPPYTHONINSTALL=1|0

バージョン 2021.3.0 での追加

任意の項目です。0 (既定) に設定すると、セットアップ プログラムで付属の Python パッケージがインストールされます。1 に設定すると、セットアップ プログラムで Tableau Server の一部として Python パッケージがインストールされないように指定されます。

注: Pythonは、高度な分析機能をサポートするために Tableau Server の将来のリリースで使用される予定です。Python のインストールをスキップすることを選択した場合、Tableau Server ユーザーは、これらの高度な分析機能が利用可能になったときに、それらの機能にアクセスできません。

含まれていない場合、既定で Tableau Server の一部として Python がインストールされます。

 

ありがとうございます!