マルチノード アップグレード -- セットアップの実行

Tableau Server on Windows をバージョン 2018.1 以降からアップグレードする場合、別途記載されている特別な手順を実行する必要があります。2018.2 以前のバージョンからアップグレードする方法の詳細については、Tableau Server 2018.1.x 以前からのアップグレード (Windows)を参照してください。

このトピックは、2018.2 以降で Tableau Server on Windows からアップグレードするための Tableau Server のインプレース アップグレード シナリオの一部です。

セットアップの実行

  1. ローカル管理者グループのメンバーのアカウントで、初期ノードにログオンします。

  2. Tableau Server セットアップ プログラムをコピーしたフォルダーに移動し、実行します。これにより、新しいバージョンの Tableau Server が既存の実行中のバージョンと同じ場所にインストールされます。

  3. セットアップ プログラムはシステム リソースをチェックし、コンピューターが最小要件と推奨事項を満たしていることを確認します。

  4. セットアップ プログラムによって、既存バージョンの場所が表示され、新しいバージョンも同じ場所にインストールされます。インストール場所は変更できません。

  5. 最初のノードでインストールが完了すると、セットアップ プログラムの最後のページにアップグレードがまだ完了していないと表示されます。アップグレード スクリプトを実行してアップグレードを完了する必要があります。セットアップ ウィンドウは最初のノードで開いたままにしておき、クラスタ内の他のすべてのノードでインストールを進めます。

    重要: アップグレード スクリプトを実行する前に、すべてのノードに新しいバージョンをインストールする必要があります。新しいバージョンをクラスタにあるすべてのノードにインストールするまで、アップグレード スクリプトを実行しないでください

続けて、「マルチノード アップグレード -- 各ノードでセットアップを実行する」を行います。

ありがとうございます!