サムネイルのアップグレード ジョブ

Tableau Server バージョン 2019.1 以降では、ワークブックおよびビューは解像度がさらに高いサムネイルを使用しています。Tableau Server バージョン 2019.1 以降にアップグレードする場合、バックグラウンダーはサムネイルのアップグレードのキューへの登録ジョブとサムネイルのアップグレード ジョブを実行しますが、Tableau version 2018.2 以降で編集またはパブリッシュされていないビューのサムネイルを更新し、以下の図に示すように低解像度のサムネイル画像 (192 x192 ピクセル) から高解像度のサムネイル画像 (300 x 300 ピクセル) に変換します。

注: Tableau Server バージョン 2020.2 以降では、サムネイルのアップグレード ジョブは既定でオフになっています。サーバー管理者は tabcmd を使用して、サムネイルのアップグレード ジョブを実行できます。詳細については、upgradethumbnailsを参照してください。

サムネイルのアップグレード ジョブによりサムネイル画像が更新されると、ビューの変更日がサムネイル更新日に一致するように変更されます。サムネイルのアップグレード ジョブによって、含まれているビューのサムネイルが更新されてもワークブックの変更日が変更されることはありません。

サムネイルのアップグレード ジョブは、所有するワークブック数によって異なりますが、数分から数時間実行可能です。バックグラウンダー ノードでの CPU 使用率は、サムネイルのアップグレード ジョブの実行中は通常より高くなることがあります。また、Tableau Server 2019.1 以降にアップグレードして最長 1 週間、サムネイルのアップグレード ジョブはワークブックで使用されているすべてのサムネイル画像を処理しており、サムネイル画像が低解像度で表示される場合があります。Tableau Server をバックアップする前に、サムネイルのアップグレード ジョブの完了を待機することをお勧めします。

サムネイルのアップグレード ジョブの初回実行後は、事前に定義した毎週のスケジュールに従って実行します。サムネイルのアップグレード ジョブの実行優先度は最も低く、background_jobs 表に含まれるワークブックごとに 1 つのタスクを作成し、低解像度のサムネイルすべてをアップグレードします。Tableau Desktop バージョン 2018.3 以前で Tableau Server にパブリッシュされた低解像度サムネイルは自動的に、毎週、サムネイルのアップグレード ジョブの実行時にクリーンアップされます。

トラブルシューティング

抽出以外のバックグラウンド タスク管理ビュー(新しいウィンドウでリンクが開く)を使用し、サムネイルのアップグレード ジョブのステータスを確認できます。サムネイルのアップグレード ジョブには、成功ステータスまたはエラー ステータスのどちらかが表示されます。

サムネイルのアップグレード ジョブが失敗するか、完了したものの一部のサムネイルがまだ低解像度の場合。

認証資格情報が間違っている場合、サムネイルのアップグレード ジョブにエラー ステータスが表示されることがあります。このような場合には、ワークブック サムネイルがまだ不明瞭な低解像度 (192 x192 ピクセル) の状態で表示されます。認証資格情報を更新すると、サムネイルのアップグレード ジョブを次回実行するときにワークブック サムネイルが更新されます。

ありがとうございます!