Tableau Server 管理者は、Tableau Server からの利用状況データを Tableau に送信するかどうかを制御できます。既定ではこのオプションは有効になっており、初期インストール時、または Tableau Server のインストール後に、TSM Web UI またはコマンド ラインを使用して、無効にできます。この利用状況データの詳細については、「Tableau 製品の利用状況データ(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

製品利用状況データに加えて、製品基礎データも Tableau に送信されます。このデータは、製品利用状況データの送信を無効にしたかどうかに関係なく送信されます。製品基礎データの送信は、個別に無効にすることができます。詳細については、製品基礎データを参照してください。

利用状況データの共有を無効にする

利用状況データの共有は、Tableau Server のインストール時、またはインストール後にいつでも無効にできます。

インストール時に利用状況データの共有を無効にする

Tableau Server のインストール時に Tableau で利用状況データの共有を無効にするには、サーバーの初期設定中に、このオプションをオフにします。詳細については、製品利用状況データを参照してください。

インストール後に利用状況データの共有を無効にする

  1. ブラウザーで TSM を開きます。

    https://<tsm-computer-name>:8850詳細については、Tableau Services Manager の Web UI へのサインインを参照してください。

  2. [メンテナンス] タブをクリックします。

  3. [サーバーの利用状況データ] の [その他のメンテナンス タスク] で、[Tableau の機能を改善するために使用状況データを送信する] をオフにします。

  4. 完了したら、[変更を保留中] をクリックしてから [変更を適用して再起動] をクリックします。

製品の利用状況データを共有しない場合は、次の tsm configuration コマンドを使用してオプションを無効にします。

tsm configuration set -k shareproductusagedata.enabled -v false
tsm pending-changes apply

保留中の変更にサーバーの再起動が必要な場合は、pending-changes apply コマンドの実行時に、再起動が行われることを知らせるメッセージが表示されます。このメッセージはサーバーが停止していても表示されますが、その場合には再起動は行われません。--ignore-prompt オプションを使用してメッセージが表示されないようにできますが、そのようにしても再起動に関する動作が変わることはありません。変更に再起動が必要ない場合は、メッセージなしで変更が適用されます。詳細については、tsm pending-changes applyを参照してください。

 

ありがとうございます!