バージョン 2020.1.0 で導入された Tableau Server 内部データ ソース プロパティ サービスは、データ ソース プロパティ サービスと通信します。これは Tableau Server によって内部的に管理され、管理者が構成することはできません。

内部データ ソース プロパティ サービスのインスタンスは、データ ソース プロパティ サービスのインスタンスがあるノードで自動的に構成されます。

プロセス 内部データ ソース プロパティ サービス
ステータス 内部データ ソース プロパティ サービスの状態は、[ステータス] ページに表示されるほか、コマンド ラインで tsm status -v コマンドを使用して確認できます。詳細については、サーバー プロセス ステータスの表示を参照してください。
ロギング 内部データ ソース プロパティ サービスによって生成されたログは、/var/opt/tableau/tableau_server/data/tabsvc/logs/tdsnativeservice にあります。詳細については、Tableau Server ログとログ ファイルの場所を参照してください。

内部データ ソースプロパティ サービスのログ ファイル

内部データ ソース プロパティ サービスでは、次の 2 つのログ ファイル セットが作成されます。

  • control-tdsnativeservice_*.log。これらのログには、開始したり有効にしたりするサービスに関する情報が含まれます。

  • nativeapi_tdsnativeservice_*.log。エラーや問題は、ここに記録されます。

詳細については、ログ ファイルのスナップショット (ログのアーカイブ)を参照してください。

マルチノード クラスタでの内部データ ソース プロパティ サービス

データ ソース プロパティのインスタンスが構成されている各ノードに、内部データ ソース プロパティ サービスの 1 つのインスタンスが追加されます。内部データ ソース プロパティ サービスは Tableau によって内部的に管理されるため、管理者がこのサービスに関連して構成できることはありません。

ありがとうございます!