このトピックでは、Tableau Server でローカルに実行されるようにファイル ストア プロセスを構成した場合について説明します。ただし、ファイル ストアはローカルだけでなく Tableau Server の外部でも実行できます。Tableau Server 外部ファイル ストアの詳細については、Tableau Server 外部ファイル ストアを参照してください。

Tableau Server File Store プロセスは、抽出のストレージを管理します。ファイル ストアのインストール時に、ノードにデータ エンジンのインスタンスがなければ、Data Engine のインスタンスもインストールされます。高可用性 (HA) 環境では、File Storeは抽出が他のファイル ストア ノードと同期されていることを確認し、1 つのファイル ストア ノードが停止した場合に利用できるようにします。

プロセス File Store
ステータス File Storeのステータスは [ステータス] ページに表示されます。詳細については、サーバー プロセス ステータスの表示を参照してください。
ロギング File Store プロセスが生成したログは /var/opt/tableau/tableau_server/data/tabsvc/logs/filestore にあります。詳細については、Tableau Server ログとログ ファイルの場所を参照してください。

decommission コマンド

ファイル ストア インスタンスを削除する場合は、tsm topology filestore decommission コマンドを使用して最初にファイル ストアのコミッションを解除する必要があります。ファイル ストアのコミッションを解除せずに削除しようとした場合、解除するようにメッセージが表示されます。コミッションを解除すると、ファイル ストア インスタンスは読み取り専用モードになり、インスタンス内に含まれる一意のデータはクラスタ内の別のファイル ストアへコピーされます。ファイル ストア インスタンスのコミッションが解除される間、これらのデータは [ステータス] ページに表示されますが、一意のコンテンツがすべて別のファイル ストア ノードにコピーされると、コミッション解除されたノードは削除準備完了として表示されます。

ファイル ストアが管理コントローラーと同じ場所にある場合のコミッション解除

Tableau のバックアップが最も速いのは、ファイル ストアのインスタンスが TSM 管理コントローラーと同じノードにある場合です。コントローラーと同じ場所にあるファイル ストアのインスタンスを削除する場合は、バックアップのパフォーマンスへの影響に関する警告が表示されます。

ありがとうございます!