バージョン 2020.1.0 で導入された Tableau Server データ ソース プロパティ サービスは、アプリケーション サーバー (VizPortal) から「データに聞く」などのクライアント サービスにパブリッシュされたデータ ソースのメタデータを提供します。

データ ソース プロパティ サービスの 1 つのインスタンスは、Tableau Server の初期ノードで構成されます。初期ノードや分散インストールの他のノードにインスタンスを追加できます。アプリケーション サーバーのインスタンスが含まれるノードでは、データ ソース プロパティ サービスを少なくとも 1つ 構成する必要があります。

プロセス データ ソース プロパティ サービス
ステータス データ ソース プロパティ サービスのステータスは、 tsm status -v コマンドを使用して [ステータス] ページとコマンド ラインから表示されます。詳細については、サーバー プロセス ステータスの表示を参照してください。
ロギング データ ソース プロパティ サービスによって生成されたログは、/var/opt/tableau/tableau_server/data/tabsvc/logs/tdsservice にあります。詳細については、Tableau Server ログとログ ファイルの場所を参照してください。

データ ソース プロパティ サービスのログ ファイル

データ ソース プロパティ サービスでは、次の 2 つのログ ファイル セットを作成します。

  • control-tdsservice*.log。これらのログには、開始したり有効にしたりするサービスに関する情報が含まれます。

  • tdsservice_*.log。エラーや問題は、ここに記録されます。

詳細については、ログ ファイルのスナップショット (ログのアーカイブ)を参照してください。

マルチノード クラスタのデータ ソース プロパティ サービス

マルチノード クラスタでデータ ソース プロパティ サービスを設定する方法は、ノードの構成方法によって異なります。Tableau Server のインストール時には、サービスのインスタンスが最低 1 つ必要です。また、アプリケーション サーバー (VizPortal) で構成されているノードでは、データ ソース プロパティのインスタンスを少なくとも 1 つ構成する必要があります。

ありがとうございます!