パブリッシュされたデータ ソースのベスト プラクティス

データに対する単一のソースを維持するには、Tableau Online または Tableau Server へのデータ ソースのパブリッシュが不可欠です。パブリッシュにより、同僚とデータを共有できるようになります。これには、Tableau Desktop を使用していないが Web 編集環境でのワークブックの編集パーミッションを持つユーザーも含まれます。

パブリッシュされたデータ ソースへの更新は、接続されているすべてのワークブックに (ワークブック自体がパブリッシュされているかどうかに関係なく) 適用されます。

パブリッシュされたデータ ソースの構成

Tableau データ ソースは、次で構成されます。

どのデータを Tableau に取り込んで分析するかを説明するデータ接続情報。Tableau Desktop のデータに接続する場合は、結合を作成できます。これには、異なるデータ型からの表の間の結合も含まれます。パブリッシュしたデータ ソースで作業する人にわかりやすくするため、[データ ソース] ページのフィールドの名前を変更できます。

抽出を作成する場合。どのような場合に抽出を作成するかに関するガイドラインは、追加リソースを含め、以下に含まれています。

データのアクセス方法や更新方法に関する情報。接続には、アクセス情報も含まれます。この種類の情報の例:

  • 元の Excel ファイルへのパス。

  • データに直接アクセスするための埋め込み認証資格情報または OAuth アクセス トークン。

  • または、認証資格情報を含まない。これにより、(接続するワークブックのビュー、または新しいワークブックへ接続する場合のいずれであっても) ユーザーがデータにアクセスするときに入力する認証資格情報の入力が要求されます。

詳細については、パブリッシュされたデータにアクセスするための認証資格情報を設定するを参照してください。

データ ソースを効率的に使用するのに役立つカスタマイズとクリーンアップ。ビューを操作するときには、計算、セット、グループ、ビン、パラメーターの追加、カスタム フィールドの書式設定の定義、未使用のフィールドを非表示にするなどができます。

これらの調整はすべて、パブリッシュして保持するデータ ソースに含まれるメタデータの一部となります。

パブリッシュするデータ ソースの準備

データ ソースをパブリッシュするときは、これらのベスト プラクティスを考慮してください。

  • Tableau で使用する情報に対する接続を作成し、データ ソースを効率的に使用するのに役立つカスタマイズとクリーンアップを実行します。

  • 適切であれば、パブリッシュするデータの抽出を作成します。詳細については、次のセクションの抽出を使用するタイミングを参照してください。

  • データ ソース命名規則を開発します。

    データ ソースをパブリッシュした後、直接名前を変更することはできません。代わりに、新しいコピーを新しい名前でパブリッシュしてから、すべてのワークブック接続を更新する必要があります。また、よく考えられた命名規則も、データの他のユーザーが、どのデータ ソースに接続するか推測するのに役立ちます。

  • Tableau ユーザーの間で次の役割を指定することを検討してください。 

    • Tableau コミュニティに、組織の要件を満たすデータ ソースを作成してパブリッシュするデータ案内人 (チーム)。

    • パブリッシュ先のサーバー (Tableau Server または Tableau Online) 上で、パブリッシュされたコンテンツ、抽出の更新、およびパーミッションを管理するサイト管理者。

    一元化された管理は、データ ソースの急増を防ぐのに役立ちます。管理データに接続する作成者は、自分たちがそこで見つける回答が、ビジネスの現在の状態を反映していると確信を持つことができます。

抽出を使用するタイミング

次の状況では、ライブでの接続ではなく抽出のパブリッシュが必要となる、または選択する場合があります。

直接アクセスできないデータを Tableau Online にパブリッシュする

クラウドの Tableau Online は、ローカル ネットワーク上で保持するデータ ソースにアクセスできません。接続状況によっては、Tableau Bridge を使用して抽出をパブリッシュし、更新スケジュールを設定する必要があります。

クラウドでホストされる一部のデータ ソースでは毎回抽出が必要です。これらには Google Analytics、Salesforce.com、Oracle、OData、および一部の ODBC データ ソースが含まれます。これらの一部のデータ ソースに対する更新スケジュールは Tableau Online で直接設定できます。その他のデータ ソースについては Tableau Bridge を使用してください。

Web データ コネクタのデータ ソースでは毎回抽出が必要です。標準のユーザー名およびパスワード認証を使用してデータ ソースに接続する場合は、Tableau Bridge を使用して更新できます。OAuth 認証を使用して WDC データ ソースに接続する場合は、別の方法を使用して更新する必要があります。

Tableau Bridge が Tableau Online による直接アクセスができない抽出とデータへのライブ接続の両方をサポートする方法に関する詳細については、Tableau Online ヘルプの「Tableau Bridge を使用したデータの鮮度に関するオプションの拡張」を参照してください。

パフォーマンスの向上

サーバーがデータへのライブ接続をサポートしている場合でも、抽出の方が理にかなっています。たとえば、非常に大きなデータベースや接続に時間がかかる場合、適切な情報のみを含むサブセットを抽出できます。抽出の方が、ライブでの接続よりもすばやく簡単に作業できます。

ライブ接続や、スケジュールに基づいて更新する抽出を使用している場合、両方のオプションを試してどちらがうまく動作するか確かめることもできます。

データ ソースが本質的にサポートしていない機能を有効化する

たとえば、SQL Server データで MEDIAN 関数を使用するとします。

データ抽出の作成の詳細については、データの抽出を参照してください。

データを個別にパブリッシュするか、ワークブックに埋め込む

ワークブックが接続されているスタンドアロン リソースとしてデータ ソースをパブリッシュするか、それらに含まれるデータ ソースを使用してワークブックをパブリッシュできます。

ワークブックをパブリッシュするときに、同じプロジェクトにパブリッシュされた Tableau データ ソース以外に接続が指定されている場合、データはワークブックの一部としてパブリッシュされます (ワークブックへの埋め込みと呼ぶ場合があります)。

データがワークブックに埋め込まれている場合:

  • データ ソースへのアクセスは、パブリッシュしたワークブックに制限されます。別のワークブックからそのデータに接続することはできません。

  • 抽出の更新スケジュールは、別にパブリッシュするデータ ソースと同様に設定できます。

いずれのパブリッシュ方法にもメリットがあります。次の表では、いくつかの一般的な比較ポイントを示します。包括的なリストではなく、概念されています。これらおよび他の要因の適用方法は、お客様の環境に固有の可能性があります。

個別にパブリッシュする ワークブックでの埋め込み

データ ソースをパブリッシュすることは、データ管理を一元化する上での第 1 歩です。データ ソースの急増を最小限に抑え、作業に使用する適切なデータを探しやすくするためのポリシーを作成することができます。

各埋め込みデータ ソースには、データへの個別の接続があります。

それぞれが、指定された期間に他とは異なる点があったことを示す可能性がある (データ ソースの急増は一般的)。

共有を目的としている。他の Tableau ユーザーが接続できる。

データはワークブック内でのみ使用できる。接続している他の Tableau Desktop ユーザーは使用できない。

コンテンツ管理およびセルフサービスのガイドラインがない状況で接続先データ ソースの長いリストを参照することは、作業の際にデータを頼りにしているユーザーが混乱する可能性があるうえ、サーバーでの管理がより困難になります。

ユーザーは自分の接続を作成し、自分が取得しているデータの内容を正確に把握しています。

共有データ ソースを変更するユーザーが、接続されたワークブックにおける変更の影響がわからないかまたはそれに気付かない可能性があります。

データを変更する場合、ワークブックを開いて変更の結果を確認する必要があります。

接続されたワークブックでのデータ ソース変更の影響が計画されたものであっても、それらの接続されたワークブックの更新は面倒です。

ただし上記と同様に、複数のワークブックで同様のデータが使用され、更新が必要な場合は、パブリッシュされたデータ ソースに接続したほうがよい場合があります。

抽出はスケジュールに沿って更新できます。接続されているすべてのワークブックが常に最新のデータを示すよう、抽出の更新スケジュールを 1 つ設定する必要があります。

更新されていない埋め込まれた抽出は、その時点でのスナップショットを示すのに役立つ可能性があります。

データを最新の状態に保つには、各ワークブックで独自の更新スケジュールを設定する必要があります。

一般的に、サーバーまたはサイト上のパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。

同じ元データに接続する複数のワークブックがサーバーに含まれ、各ワークブックに独自の更新スケジュールがある場合、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。

抽出を最新に保つ

抽出を使用するデータ ソースをパブリッシュする場合は、スケジュールに基づいてそのデータ ソースを更新できます。更新のスケジュール方法は、データ ソースのタイプや、Tableau Server と Tableau Online のどちらにパブリッシュするかによって異なります。

詳細については、次のトピックを参照してください。 

追加リソース

免責条項: これらの外部ウェブサイトへのリンクが正確そして最新であり、関連性があるように確認する最善の努力を払っていますが、Tableau は外部プロバイダーによって管理されているページの正確さや最新度に関して責任を負いかねます。コンテンツに関する質問の答えを求める場合、外部サイトにお問い合わせください。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください