データ ブレンドは、データを組み合わせる方法です。データ ブレンドは、1 つのプライマリ データ ソースをセカンダリ データ ソースのデータで補完することによって機能します。

別名の作成は、ディメンション フィールドに値を割り当てることができる代替名です。別名を使用して、ディメンション内の特定のフィールド値の名前を変更できます。これは、元のデータが提供するビューより関連性または記述性が高いディメンション値を表示する場合に便利です。

別のデータ ソースのフィールド名を使用してデータ ソース内の値に別名を付け直す方法として、データ ブレンドを使用できます。これを行うには、プライマリ データ ソース内のフィールドに対する別名を含む、セカンダリ データ ソース内のフィールドが存在する必要があります。

たとえば、果物の名前や果物が関連付けられているコード値など、果物に関する情報を含むプライマリ データ ソースがあるとします。セカンダリ データ ソースには、より説明的なコード値の入ったフィールドが含まれます。

プライマリ データ ソース
果物 果物 ID
Apple A
バナナ B
セカンダリ データ ソース
代替 ID
APP
BAN

プライマリ データ ソース内のフィールドの別名を付け直す場合、元のコード値をより説明的なコード値で置き換えるビューを作成できます。

注: セカンダリ データ ソースを使用してプライマリ データ ソースの別名を提供したら、セカンダリ データ ソースは必要なくなるため、閉じることができます。

フィールドの値に別名を付け直すには

  1. プライマリ データ ソースとセカンダリ データ ソースを設定し、データ ソース間のリレーションシップを確立します。詳細については、データのブレンドを参照してください。この例で使用したデータ ソースは "Fruit Stand (フルーツ スタンド)" と "Alternate ID (代替 ID)" です。

  2. [データ] ペインでプライマリ データ ソースを選択してから、別名を付けるフィールドをビューまでドラッグします。

    この例では、"Fruit Stand (フルーツ スタンド)" がプライマリ データ ソースです。

  3. [データ] ペインのセカンダリ データ ソースを選択し、別名情報を含むフィールドをビューまでドラッグします。

    たとえば、"Alternate ID (代替 ID)" はセカンダリ データ ソースです。注: プライマリ データ ソース内のフィールド値の別名に使用しているフィールドを、プライマリ データ ソースとセカンダリ データ ソースをリンクさせるために使用するリンク フィールドにすることはできません。

    この例では、セカンダリ データ ソースの [代替 ID] フィールドは、プライマリ データ ソースの [Fruit Stand (フルーツ スタンド)] フィールドで必要とされる別名情報が含まれます。

  4. セカンダリ データ ソースのフィールドを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[プライマリ別名の編集] を選択します。

    プライマリ データ ソースの値には、セカンダリ データ ソースに対応する別名値が必要です。[別名あり] の下のアスタリスクは、データ ソースに対応する別名値があることを確認します。

  5. 注: [別名あり] の下にアスタリスクが表示されない場合、セカンダリ データ ソースにプライマリ データ ソースのフィールド値と一致する相当の別名がないか、セカンダリ データ ソースの同じ別名を持つフィールド値が、プライマリ データ ソース内に 1 つ以上あることを示します。このような場合、セカンダリ データ ソースの値を使用してプライマリ データ ソースのフィールド値に別名を付け直すことはできません。

  6. [OK] をクリックします。セカンダリ データ ソースの別名の値は、プライマリ データ ソース内のフィールド値を置き換えます。この例では、"Alternate ID (代替 ID)" フィールドのより説明的なコード値が、"Fruit ID (フルーツ ID)" フィールドの値に置き換えられます。

  7. (オプション) [データ] メニューでのセカンダリ データ ソースを選択し、[閉じる] を選択します。

データ ブレンドを使用してフィールド値に別名を付ける方法を示すビデオを視聴するには、「別名を一括で付け直してデータをクリーン アップする」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

ありがとうございます!