拡張ギャラリーからパートナーが作成したコネクタを使用する

Tableau Desktop には、サポートされている選択可能なコネクタが多数用意されています。また、拡張ギャラリーでは、パートナーが作成したその他のコネクタを見つけることができます。

注: 拡張ギャラリーのコネクタは、現在、Tableau Bridge で使用できません。

独自のコネクタを作成して拡張ギャラリーに追加する方法の詳細については、「Tableau コネクタ SDK を使用して構築されたコネクタ プラグイン」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

パートナーが作成した接続を選択してインストールする

  1. 拡張ギャラリーのコネクタ ページ (https://extensiongallery.tableau.com/connectors(新しいウィンドウでリンクが開く)) に移動します。
  2. 使用するコネクタのタイルをクリックします。
  3. 画面上の指示に従ってコネクタをインストールします。(各コネクタ ページには、サポートが必要な場合に備えてサポート リンクが含まれていることにも注意してください。)
  4. Tableau Desktop を再起動します。

これで、新しいコネクタが Tableau Desktop のコネクタのリストに表示されます。

接続する

拡張ギャラリーからインストールしたコネクタを使用してデータに接続するには、次の手順を実行します。

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で、インストールしたコネクタの名前を選択します。データ接続の完全なリストについては、[サーバーへ][詳細] を選択します。

  2. 接続に必要な情報を入力します。

    表またはスキーマ名が表示されていない場合、検索アイコンをクリックするかテキスト ボックスに名前を入力して検索アイコンをクリックしてから、名前を選択します。

データを操作する

パートナーが作成したコネクタを使用してデータに接続すると、Tableau でサポートされているコネクタと同じ機能が提供されます。データに接続したら、次の操作が行えます。

注: パートナーが作成したコネクタでは、現在、Tableau Online へのパブリッシュはサポートされていません。

関連項目

このセクションの他の記事

ありがとうございます!