フィルターを複数のワークシートに適用する

フィルターをワークシートに追加すると、既定により、そのフィルターは現在のワークシートに適用されます。ワークブック内の他のワークシートにフィルターを適用しなければならない場合もあります。

フィルターを適用する特定のシートを選択するか、同じデータ ソースや関連データ ソースを使用するすべてのワークシートにフィルターをグローバルに適用することができます。たとえば、特定の対象地域または対象商品のみを含めるフィルターを使用できます。新しいワークシートを作成するたびにこのフィルターを追加するのではなく、フィルターを一度作成してから、複数のワークシートにそれを適用することができます。

ビデオを視聴する: Tableau での関連する概念について説明した、次の無料トレーニング ビデオ、「フィルタリングに関するその他のトピック (英語)」(新しいウィンドウでリンクが開く) (7 分間)、「フィルタリングの方法」(新しいウィンドウでリンクが開く) (2 分間)、「Tableau のフィルター実行個所」(新しいウィンドウでリンクが開く) (4 分間) をご覧ください。お使いの tableau.com(新しいウィンドウでリンクが開く) アカウントを使用してサインインします。

グローバル フィルターの他の例については、Ryan Sleeper's(新しいウィンドウでリンクが開く) Web サイトの「The Global Filters Tab」(新しいウィンドウでリンクが開く)Interworks ブログ(新しいウィンドウでリンクが開く)「Dashboard Design: Adding Interactivity」(新しいウィンドウでリンクが開く)も参照してください。

関連プライマリ データ ソースを使用しているすべてのワークシートにフィルターを適用する

このオプションは、関連データ ソースをプライマリ データ ソースとして使用しているすべてのワークシートにフィルターを適用します。

注: Web 作成で、関連するプライマリ データ ソースを使用するワークシートにフィルターを適用するには、Tableau Desktop でデータ ソース間の関係を設定してから、Web にパブリッシュする必要があります。

詳細については、複数のデータ ソースでのデータのフィルター(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

関連プライマリ データ ソースを使用しているすべてのワークシートにフィルターを適用するには:

  • [フィルター] シェルフで、フィールドを右クリックし、[ワークシートに適用] > [関連データ ソースを使用するすべてのアイテム] の順に選択します。

このオプションを使用するフィルターは、ワークブック全体で有効になります。

すべての関連データ ソースに適用されるフィルターに、アイコンが付いて表示されます。既存のワークシート上でフィルターが自動的に作成され、新しいワークシートで関連データ ソースを使用します。

フィルターに加えた変更は、すべてのワークシートに影響します。

現在のプライマリ データ ソースを使用しているすべてのワークシートにフィルターを適用する

このオプションは、現在のワークシートのプライマリ データ ソースをプライマリ データ ソースとして使用しているすべてのワークシートにフィルターを適用します。

現在のプライマリ データ ソースを使用しているすべてのワークシートにフィルターを適用するには:

  • [フィルター] シェルフで、フィールドを右クリックし、[ワークシートに適用] > [このデータ ソースを使用するすべてのアイテム] の順に選択します。

このオプションを使用するフィルターは、ワークブック全体で有効になります。

すべてのワークシートに適用されるフィルターは、データ ソース アイコン が付いて表示されます。フィールドをビューにドラッグした後で新しいワークシートを作成すると、そのワークシート上でフィルターが自動的に作成されます。

フィルターに加えた変更は、すべてのワークシートに影響します。

注: ビュー内で複数のデータ ソースをブレンドしている場合、[このデータ ソースを使用するすべてのアイテム] を使用すると、現在のシートで同じプライマリ データ ソースを使用するすべてのシートにフィルターが追加されます。フィルターが適用されるシートは、フィルター フィールドのデータ ソースに基づいていません。

フィルターを適用してワークシートを選択する

このオプションを選択するとダイアログ ボックスが開き、そこから同じデータ ソースまたは関連データ ソースを使用するワークシートをリストから選択できます。

ワークシートを選択するフィルターを適用するには:

  • [フィルター] シェルフで、フィールドを右クリックし、[ワークシートに適用] > [選択したワークシート] の順に選択します。

  • [フィルターに適用] ダイアログ ボックスで、フィルターを適用するワークシートを選択します。同じフィールドにフィルターが含まれているシートが既にある場合は、ダイアログ ボックスにそのフィルターに関する詳細が表示されます。

    シートを選択すると、現在のフィルターによって既存のフィルター選択内容がオーバーライドされます。

選択したワークシートに適用されるフィルターは、ワークシート アイコン が付いて表示されます。フィルターに加えた変更は、選択したすべてのワークシートに影響します。

フィルターを現在のワークシートにのみ適用する

このオプションは現在のワークシートにのみ適用されます。このオプションは、新しいフィルターを作成するときに既定で選択されます。現在のワークシートに対してローカルなフィルターは、追加のアイコンなしで表示されます。

フィルターを現在のワークシートにのみ適用するには:

  • [フィルター] シェルフで、フィールドを右クリックし、[ワークシートに適用] > [このワークシートのみ] の順に選択します。

すべてのシートまたは選択したワークシートにフィルターを適用してから、フィルターを現在のワークシートにのみ適用するように設定を変更した場合、フィルターはすべてのワークシートから削除されるわけではありません。そうではなく、フィルターは接続解除され、各ワークシートに対してローカルになります。各ワークシートに移動して、フィルターを削除するか、選択項目を変更することができます。

ダッシュボードのすべてのワークシートをフィルターする

このオプションは、同じデータ ソースまたは関連データ ソースをプライマリ データ ソースとして使用している、ダッシュボード内のすべてのワークシートにフィルターを適用します。

ダッシュボードのすべてのワークシートをフィルターするには:

  • ダッシュボードで、フィルター カードのドロップダウン メニューをクリックし、[ワークシートに適用] > [選択したワークシート] を選択します。

  • [ワークシートにフィルターを適用] ダイアログ ボックスで、[ダッシュボード全体] を選択してから、[OK] をクリックします。

注: 以前のバージョンの Tableau Desktop では、[このデータ ソースを使用するすべてのアイテム] オプションは [グローバルにする]、[このワークシートのみ] オプションは [ローカルにする] と呼ばれていました。

ありがとうございます!