フィールド型の検出と命名の向上について理解する

Tableau は、一般的に使用される一連のパターンによってデータの検知や変換を行い、作業を簡易化します。たとえば、[データ] ペインのフィールドを操作する場合、Tableau はデータ ソースからデータを取得してタイプを検出し、ディメンションとメジャーに分割します。

注: Tableau が元になっているデータを変更することはありません。

Tableau では、ディメンションとして扱われるフィールドを検出し、フィールド名を読みやすくすることによってクリーンアップを行うこともできます。この向上が有効になるのは、データ ソースの列ヘッダーが元となっているフィールド名が次のパターンや条件に一致する場合のみです。

参照元データに追加された新しいフィールド

新しいフィールドを参照元データに追加してから Tableau でデータ ソースを更新する場合、新しく追加されたフィールドでは元のデータベース名が保持されます。Tableau でこれらのフィールド名を自動的に変更したい場合は、その同じデータ ソースへの新しい接続を作成する必要があります。

参照元データのフィールド タイプとフィールド名を保持することを希望する場合は、この記事の下部の「Tableau による変更を元に戻す」セクションを参照してください。

ディメンションとして扱われるフィールド

フィールド名に特定のキーワードが含まれる場合は、フィールドの値が数値であってもディメンションとして扱われます。

キーワード コード、キー、および ID

次のキーワードを含み、リストされている条件に一致するフィールド名は、メジャーではなくディメンションとして扱われます。

条件:

  • キーワード Code、ID、または Key を含む。
  • キーワードとは、英字以外の文字でフィールド名の他のテキストと区切られているか、すべて大文字であるか、大文字と小文字が混合しているフィールド名で最初の文字が大文字であるもの。
  • キーワードはフィールド名の先頭または末尾にあり、前または後に英字以外の文字があります。中国語、日本語、韓国語では、キーワードをフィールド名の末尾に配置する必要があります。
言語 キーワード
英語 (英国および米国) Code、Id、Key
中国語 (簡体字および繁体字) Id
フランス語 Id
ドイツ語 Schlüssel、Schlussel
イタリア語 Chiave、Id、Codice
日本語 Id
韓国語 Id
ポルトガル語 Chave、Código、Codigo、Identificação、Identificador
スペイン語 Código、Codigo

 

キーワード Number、Num、および Nbr

Number、Num、または Nbr で終わるフィールド名は、メジャーではなくディメンションとして扱われます。たとえば、「Record Number」はディメンションとして扱われますが、「Number of Records」はディメンションとして扱われません。さらに、韓国語のフィールド名は 4 文字以内である必要があります。

言語 キーワード
英語 (英国および米国) Number、Num、Nbr
中国語 (簡体字および繁体字) -
フランス語 Num
ドイツ語 Nr、Nummer
イタリア語 Numero、N°
日本語 番号
韓国語 번호
ポルトガル語 Num
スペイン語 Num

 

日付に関連するキーワード

日付の一部として認識されるキーワードを含むフィールド名は、ディメンションとして扱われます。これらのフィールド名は、修飾する日付に関わらず 1 つの追加の単語のみを含むことができます。たとえば、「Fiscal Year」はディメンションとして扱われますが、「Fiscal Year Information」はディメンションとして扱われません。さらに、中国語のフィールド名は 4 文字以内である必要があり、数字を含めてはいけません。日本語と韓国語のフィールド名は 4 文字以内である必要があります。

言語 キーワード
英語 (英国および米国) Year、Yr、Day、Day of Week、Week、Wk、Month、Quarter、Qtr、FY
中国語 (簡体字および繁体字) 年、月
フランス語 Annee、Année、Jour、Mois、Semaine
ドイツ語 Jahr、Monat、Woche
イタリア語 Anno、A、Giorno、Giorno della Settimana、Settimana、Sett、Mese、Trimestre、Trim、AF
日本語 年度
韓国語 년도
ポルトガル語 Ano、Dia、Semana、Mês、Trimestre
スペイン語 Año、Ano、Día、Dia、Mes、Semana、Trimestre

フィールド名のクリーンアップ

特殊文字を含むフィールド名や、特定の方法で大文字が使われているフィールド名は変更されます。角括弧を含むフィールド値は自動的に丸括弧に変換されます。

アンダースコアや空白文字を含むフィールド名

フィールド名の先頭と末尾以外のアンダースコア (_) 文字は、空白 ( ) 文字に変換されます。フィールド名のキャリッジ リターン文字やライン フィード文字は削除されます。ただし、フィールド名の先頭にアンダースコア文字が含まれる場合は変更されません。さらに、フィールド名の先頭と末尾の空白は削除されます。このタイプのフィールド名のクリーンアップは、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、およびスペイン語にのみ適用されます。

例 1: フィールド名「Country_Name」は「Country Name」に変換されます。
例 2: フィールド名「_Days_On_Market」は「_Days On Market」に変換されます。

連続した複数のアンダースコア文字を含むフィールド名は変更されません。たとえば、「Country__Name」は「Country__Name」のままです。

 

フィールド名と大文字の使用

英字以外の文字を含み、すべて大文字を使用しているフィールド名は、英字以外の文字の直後の文字を除き、すべて小文字に変換されます。

さらに、すべて小文字のフィールド名は、フィールド名の最初の文字が大文字になるように変換されます。

このタイプのフィールド名のクリーンアップは、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、およびスペイン語にのみ適用されます。

例 1: フィールド名「PC1」は「Pc1」に変換されます。フィールド名「COUNTRY_NAME」は「Country Name」に変換されます。しかし、「Budget COGS」は「Budget COGS」のままです。
例 2: フィールド名「FDA」は変更されません。しかし、フィールド名「FDA_Sales」は「Fda Sales」に変換されます。
例 3: フィールド名「age」は「Age」に変換されます。

フィールド名に大文字/小文字が混合しており、英字以外の文字を含んでいる場合、大文字/小文字の区切りには空白文字が追加されます。

例: フィールド名「ThisCase」は「This Case」に変換されます。

2 文字または 3 文字のフィールド名

複数の単語のフレーズの一部である 2 文字または 3 文字のフィールド名は、2 文字または 3 文字の単語に母音 (a、e、i、o、または u) を含まれない限り、単語の各文字が大文字になるように変換されます。

例: フィールド名「Unit Qty」は、「Unit QTY」に変換されます。しかし、フィールド名「Sales Amt」は「Sales Amt」.

3 文字の頭字語は、すべて大文字に変換される場合もあります。3 文字の頭字語には、次のようなものがあります。

CIF FDA MPI
DMA FOB MSA
DOB FTE SKU
EIN KPI UPC
ESP LOB URL
    USD

 

次のフィールド名は、名前がフィールド名の先頭になっていない限り、すべて小文字に変換されます。

1st as down of th (数字の接尾辞)
2nd at for on than
3rd but in off the
a by inclu. or to
an de into over vs
and da la per with

 

注: 1 文字の長さのフィールド名の大文字/小文字は変更されません。

Tableau による変更を元に戻す

参照元データで指定されたフィールド タイプとフィールド名を保持することを希望する場合は、手動によりデータ ソース レベルで、または自動によりアプリケーション レベルのいずれかで Tableau による変更を元に戻すことが駅ます。

手動で変更を元に戻すには

  1. ワークブックを開いて、[データ ソース] ページに移動します。
  2. メタデータ グリッド ボタンをクリックします。

  3. Ctrl + クリック (Windows) または Command + クリック (Mac) で変更を元に戻す行を選択します。

  4. 選択した行のいずれかのドロップダウン矢印をクリックし、[名前のリセット] を選択します。

Tableau による変更をアプリケーション レベルで自動的に元に戻すには、「フィールドの自動的な名前変更を上書きする」の記事の手順に従います。このメソッドは、Tableau Desktop からアクセスできるすべてのデータ ソースに影響します。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください