ダッシュボード用のシート選択メニューを作成する

パラメーターと計算フィールドの組み合わせを使用して、ダッシュボードに合わせて自動的に展開する個々のビューをユーザーが選択できるドロップダウン メニューを作成できます。

ヒント: 単一のメニューではなく、個別のボタンを使用してシートを表示するには、[表示/非表示] ボタンを使用します。これははるかに簡単なアプローチですが、各ボタンは別々の浮動レイアウト コンテナーを表示します(タイル オブジェクトはサポートされていません)。ダッシュボードを離れて、まったく別のシートを開くには、ナビゲーション オブジェクトを使用します。

  1. 個々のワークシートで、左側にある [データ] ペインの空のエリアを右クリックし、[パラメーターの作成] を選択します。

  2. [パラメーターの作成] ダイアログ ボックスで、次の手順を行います。

    • 「Select a View」(ビューの選択) のようにメニュー上部に表示される名前を入力します。

    • [データ型][文字列] を選択します。

    • [許容値] については、[リスト] を選択します。

    • [値のリスト] の下の、最初の値で「All」(すべて) と入力し、ダッシュボードの各ビューの名前を使用して値を追加します。

  3. [OK] をクリックします。 

  4. 任意のシートで左側にある [データ] ペインの空のエリアを右クリックし、[計算フィールドの作成] を選択します。

  5. 計算に「Display sheet」(シートの表示) のようにわかりやすい名前を付けます。式テキスト ボックスに上で作成したパラメーターの名前を入力します。[OK] をクリックします。

  6. ダッシュボードに追加しようと考えているシートを開き、新しい計算を [フィルター] シェルフにドラッグします。次に、[フィルター] ダイアログ ボックスで以下の操作を行います。

    • [カスタム値のリスト] を選択します。

    • テキスト ボックスに「All」(すべて) と入力し、[項目の追加] ボタンをクリックします。

    • テキスト ボックスに現在のビュー名 (「Map」(マップ) など) を入力し、[項目の追加] ボタンをクリックします。

    完了したら、[OK] をクリックします。

  7. ダッシュボードに追加するすべてのシートについて、ステップ 6 を繰り返します。

  8. [ダッシュボード] > [新しいダッシュボード] を選択します。

  9. 左下の [オブジェクト] セクションより、[垂直方向] または [水平方向] レイアウト コンテナーをダッシュボードにドラッグします。

  10. 各シートを濃い青色の輪郭で識別されるレイアウト コンテナーにドラッグします。

  11. ビシート セレクタを表示するには、ビューの上部にあるドロップダウン メニューから [パラメーター] > [新しいパラメーター名] を選択します。

  12. 選択したビューがダッシュボードに表示されるようにするには、次の手順を実行します。

    • 各ビューの上部にあるドロップダウン メニューで、[固定幅]選択されていないことを確認します。

    • ダッシュボードで、各ビューのタイトル エリアを右クリックし、[タイトルを非表示] を選択します

これでシート セレクタはいつでも使用できます。同様の例については、パラメーターを使用してビューをさらにインタラクティブにするを参照してください。

ありがとうございます!