色を使用してカテゴリー データを比較するには、ハイライト表を使用します。

Tableau では、[列] シェルフと [行] シェルフにそれぞれ 1 つ以上のディメンションを配置することによって、ハイライト表を作成します。マーク タイプに [四角] を選択し、[色] シェルフに目的のメジャーを配置します。

この基本的なハイライト表は、表内のセルのサイズや形状を設定してヒート マップを作成することで強化できます。

収益が地域、製品サブカテゴリー、顧客区分によってどのように変わるのかを示すハイライト表を作成するには、次の手順に従います。

  1. Sample - Superstore データ ソースに接続します。

  2. [列]"Segment (区分)" ディメンションをドラッグします。

    ディメンション メンバーの名前に由来するラベルを持つヘッダーが作成されます。

  3. [行]"Region (地域)""Category (カテゴリー)" ディメンションをドラッグし、"Region (地域)" の右側に "Category (カテゴリー)" をドロップします。

    これで、カテゴリー データのネストされた表が作成されました ("Sub-Category (サブカテゴリー)" ディメンションは "Region (地域)" ディメンションの中にネストされています)。

  4. [マーク] カードの [色]"Profit (収益)" メジャーをドラッグします。

    メジャーが合計として集計されます。色の凡例には、連続するデータ範囲が表示されます。

    このビューでは、中部地域のデータのみを参照できます。その他の地域のデータを参照するには、下にスクロールします。

    中部地域では、"Copiers (コピー機)" が最も利益の高いサブカテゴリーで、"Binders (バインダー)" および "Appliances (家電)" が最も利益の低いカテゴリーであることがわかります。

  5. [マーク] カードの [色] をクリックして、構成オプションを表示します。[枠線] ドロップダウン リストで、次の図のようにセルの枠線に対して中位の灰色を選択します。

    これで、ビュー内の個々のセルがより見やすくなりました。

  6. 既定カラー パレットは、オレンジ/青分岐です。収益には、赤/緑分岐パレットがより適している可能性があります。カラー パレットを変更し、色をよりはっきりと区別するには、次を実行します。

    • SUM(Profit) の色の凡例をポイントし、その後表示されるドロップダウン矢印をクリックしてから、[色の編集] を選択します。

    • [色の編集] ダイアログ ボックスの [パレット] フィールドで、ドロップダウン リストから [赤/緑分岐] を選択します。

    • [フル カラー レンジを使用] チェック ボックスを選択し、[適用][OK] の順にクリックします。

      このオプションを選択した場合、Tableau は最初の数値と最後の数値に一番濃い色を割り当てます。範囲が -10 ~ 100 の場合、負の数を表す色は、正の数を表す色より速いペースで色のシェードが変化します。

      [フル カラー レンジを使用] を選択しない場合、Tableau は -100 ~ 100 の場合と同じように色の濃度を割り当てるので、0 の両側の色のシェードは同じペースで変化します。この効果により、ビュー内の色の対比がよりはっきりと区別できるようになります。

      色のオプションの詳細については、カラー パレットと色効果を参照してください。

サイズを変更してヒート マップを作成する

  1. [マーク] カードの [サイズ] に "Sales (売上高)" メジャーをドラッグすることで、"Sales (売上高)" メジャーによってボックスのサイズを制御します。絶対的な販売数 (ボックスのサイズ別) と収益 (色別) を比較できます。

    初めは、マークは次のように表示されます。

  2. マークを拡大するには、[マーク] カードの [サイズ] をクリックしてサイズのスライダーを表示します。

  3. ビュー内のボックスが最適なサイズになるまで、スライダーを右にドラッグします。これでビューが完成しました。

作業を確認します。以下のステップ 1 ~ 9 をご覧ください。

注: Tableau 2020.2 以降では、[データ] ペインに [ディメンション] と [メジャー] がラベルとして表示されなくなりました。フィールドはテーブルやフォルダー別に一覧で表示されます。

ありがとうございます!