フィルター アクション

フィルター アクションにより、ワークシート間で情報が送信されます。通常、フィルター アクションは、選択したマークから関連情報を示す別のシートに情報を送信します。フィルター アクションはバックグラウンドで、関連するソース フィールドのデータ値をフィルターとして送信先のシートに送信します。

たとえば、住宅の販売価格を示すビューで特定の住宅を選択する場合、フィルター アクションを使用すると別のビューで比較物件をすべて表示できます。フィルターのソース フィールドには販売価格と敷地面積が含まれる場合があります。

実際のアクションについてのビデオを見る。フィルター アクションについては 2:20 の時点で取り上げられています。

フィルター アクションを作成する

  1. 次のいずれかを実行します。

    • ワークシートで [ワークシート] > [アクション] を選択し、ステップ 2 に進みます。

    • ダッシュボードから [ダッシュボード] > [アクション] を選択します。または、シートのドロップダウン メニューから、[フィルターとして使用] を選択します。

  2. [アクション] ダイアログ ボックスで、[アクションの追加] をクリックして、[フィルター] を選択します。または、既存のアクションを選択し、 [編集]を選択します。

  3. アクションの名前を指定します。

    ヒント: アクションをメニューから起動する場合は、ユーザーがアクションの目的を理解するように説明的な名称を使用します。選択したフィールドの値に基づいて入力される変数を名前で使用できます。

  4. ソース シートまたはデータ ソースを選択します。データ ソースまたはダッシュボードを選択する場合、アクションを起動する関連するシートを選択できます。

  5. アクションの実行方法を指定します。

    • ポイント - アクションを実行するビュー内のマークにポインターを合わせます。このオプションは、ダッシュボード内のハイライト アクションとフィルター アクションに対して有効に機能します。

    • 選択 - アクションを実行するビュー内のマークをクリックします。複数のマークを選択すると、このアクションも実行されます。このオプションは、すべてのタイプのアクションに対して有効に機能します。

      [シングルクリックのみで実行] オプションを選択すると、単一のマークを選択する場合にのみアクションが実行されます。選択解除するには、マークを再度クリックする必要があります。

    • メニュー - ビュー内の選択したマークを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) して、コンテキスト メニューのオプションを選択します。このオプションは、フィルター アクションと URL アクションに対して有効に機能します。

  6. ターゲットシートを選択します。ダッシュボードを選択したら、その中に一緒に 1 つまたは複数のシートを選択できます。

  7. ビュー内の選択がクリアされた場合の動作を指定します。

    • フィルターを残す - フィルター済の結果をターゲット シートに表示しつづけます。

    • すべての値を表示 - すべての値を含むようにフィルターを変更します。

    • すべての値を除外 - すべての値を除外するようにフィルターを変更します。別のシートの値が選択された場合に複数のシートのみを表示するダッシュボードを作成する際は、このオプションが役立ちます。

  8. ターゲット シートに表示するデータを指定します。[すべてのフィールド] または [選択したフィールド] でフィルターします。

  9. [選択したフィールド]を選択する場合は、[フィルターの追加]をクリックします。

    [フィルターの追加] ダイアログ ボックスで、ソースとターゲットのデータ ソースとフィールドを選択します。ソース シートの特定のマークからアクションを実行する場合、フィルターは、ソース フィールドと一致するターゲット フィールドの値のみを含むターゲット シートに追加されます。

    比較物件の例でソース フィールドとターゲット フィールドがどちらも "Beds (寝室)" に設定されている場合、寝室が 3 部屋ある住宅のシート リンクをクリックすると、ターゲット ワークシートには寝室 3 部屋の住宅のみが表示されます。

利用可能なターゲット フィールドの理解

[フィルターの追加]ダイアログボックスで、ターゲット フィールド ドロップダウンリストで利用可能なフィールドは、ソースフィールドのデータ型に限られています。例えば、ソースのテキスト フィールドを選択すると、テキスト フィールドだけがターゲットとして利用可能です。

リレーショナル データ ソースに接続している場合、フィールド名が一致しなくても、シート リンクをデータ ソースに追加できます。たとえば、あるデータ ソースに "Latitude" フィールド、別のデータ ソースに "Lat" フィールドがある場合、[フィルターの追加]ダイアログ ボックスのドロップダウン リストを使用してフィールドを関連付けることができます。多次元データ ソースを使用する場合、送信先シートは同じデータ ソースをソース シートとして使用し、ソース フィールド名とターゲット フィールド名が一致している必要があります。(Tableau では、Windows のみで多次元データ ソースをサポートしています)。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください