フローでの R および Python スクリプトの使用

バージョン 2019.3.1 以降、R および Python スクリプトを使用して、より複雑なクリーニング操作を実行したり、予測モデリング データをフローに組み込んだりできます。R または Python スクリプトの手順に従ってデータがフローからインプットとして渡されます。次に、Tableau Prep Builder の機能および関数を使用してクリーニングを継続できる出力データとして返されます。

: フローのインプット ステップとしてスクリプトに接続する動作はまだサポートされていません。

フローにスクリプトの手順を追加し、選択したサービスに構成の詳細を入力すると、Tableau Prep Builder はデータを R の Rserve または Python の Tableau Python サーバー (TabPy) に渡し、結果のデータを表形式でフローに戻します。引き続き結果にクリーニング操作を適用し、分析用に出力を生成できます。

スクリプトを作成するときは、関数の引数としてデータ フレームを指定する関数を含める必要があります。入力した内容と異なるフィールドを返す場合は、出力とデータ型を定義するスクリプトに getOutputSchema 関数を含める必要があります。この関数を含めないと、出力は入力データのフィールドを使用します。

フローで使用する R または Python を構成する方法およびスクリプトの作成方法に関する詳細については、フローでの Python スクリプトの使用(Link opens in a new window)またはフローでの R (Rserve) スクリプトの使用(Link opens in a new window)を参照してください。

このセクションの他の記事

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください