マーク上で「データの説明を見る」を実行すると、統計分析が集計済みマークに対して実行された後、現在のビューに表示されていないデータ ソースの関連性がありそうなフィールド上でも実行されます。

「データの説明を見る」の分析では、データ ソースのすべての列が含まれるわけではありません。多くの場合、特定の種類のフィールドは自動的に分析から除外されます。詳細については、既定で除外されるフィールドを参照してください。

: 500 を超える一意の値を持つディメンションは、分析の対象とは見なされません (「データの説明を見る」の設定で作成者によって許可されている場合を除く)。

すべてのユーザーは、現在の分析に含まれるフィールドまたは除外されるフィールドに関する情報を表示できます。編集パーミッションを持つ Creator と Exploror は、「データの説明を見る」で使用するフィールドを編集して、統計分析に使用することができます。

「データの説明を見る」によって分析されたフィールドを表示する

マークの値に寄与するメジャーの説明を展開すると、分析で考慮されるフィールド数を示すリンクが [「データの説明を見る」] ペインの下部に表示されます。

リンクをクリックして、現在の統計分析に含まれるフィールドのリスト、または現在の統計分析から除外されるフィールドのリストを表示します。

データ ソースに含まれるディメンションやメジャーのうちビジュアライズされていないものが 1,000 個を超える場合、「データの説明を見る」でさらにフィールドを考慮するかどうかを尋ねるアラートが表示されることがあります。[すべて説明] をクリック して、フィールドをさらに含めて分析を実行します。分析が完了するまで時間がかかる場合があります。

「データの説明を見る」が統計分析に使用するフィールドを表示するには

  1. マーク上で「データの説明を見る」を実行します(新しいウィンドウでリンクが開く)
  2. [データの説明を見る] ペインの [値への寄与] で、メジャー名をクリックします。



  3. ペインの下部にある [number-of-fields (フィールド数)] リンクをクリックします。



統計分析に使用されるフィールドを変更する

編集パーミッションを持つ Creator と Explorer は、[「データの説明を見る」] ダイアログ ボックスの [フィールド] タブで、統計分析に含めるフィールドまたは統計分析から除外するフィールドを選択できます。

データ ソース内のディメンションに一意の値が多数含まれる場合 (500 個まで)、それらのフィールドは分析対象とは見なされません。

「データの説明を見る」が統計分析に使用するフィールドを編集するには

分析済みフィールドの設定は、データ ソース レベルで適用されます。

  1. ビューを編集するときに、マーク上で「データの説明を見る」を実行します。
  2. [「データの説明を見る」] ペインで、ペインの下部にある設定アイコンをクリックします。または、[Analyzed Fields (分析済みフィールド)] ビュー (分析済みフィールドを開く方法)の [編集] ボタンをクリックします。


  3. [「データの説明を見る」の設定] ダイアログ ボックスで [フィールド] タブをクリックします。
  4. フィールド名の横にあるドロップダウン矢印をクリックし、[Automatic (自動)] または[Never Include (含めない)] を選択して、[OK] をクリックします。

    分析に含めるには、フィールドの一意の値が 500 個未満である必要があります。


既定で除外されるフィールド

既定で除外されるフィールド 除外の理由

データ ソースに 1,000 を超えるメジャーがあるときの、すべてのビジュアライズされていないメジャー。

データ ソースに 1,000 を超えるディメンションがあるときの、すべてのビジュアライズされていないディメンション。

1,000 個を超えるビジュアライズされていないメジャーやディメンションの説明を計算すると、計算に時間がかかり、場合によっては数分かかることがあります。これらのフィールドは初期分析では規定により除外されますが、さらに分析するためにそれらを含めるよう選択することができます。

このような場合は、「データの説明を見る」で複数のフィールドを考慮するかどうかを確認するアラートが表示されることがあります。詳細を表示するには、アラートのリンクをクリックします。[すべて説明] をクリック して、フィールドをさらに含めて分析を実行します。

ジオメトリ、緯度、または経度を使用するフィールド ジオメトリ、緯度、経度だけでは説明にはなりえません。緯度や経度を説明として呼び出す説明は、偽の相関関係によるものであり、確実な説明ではない可能性が高いです。
濃度の高いディメンション (500 人を超えるメンバーを持つディメンション)

高濃度のディメンションは、計算に時間がかかります。ディメンションに 500 個を超える一意の値が含まれる場合は、分析対象として見なされません。

グループ、ビン、またはセット 現在サポートされていません。
表計算 表計算がビューとは異なる詳細レベルにある場合は、表計算を分析することはできません。
平均化できないビジュアライズされていないメジャー 平均化できないビジュアライズされていないメジャーには、計算式に集計が含まれる計算フィールドであるメジャーが含まれます (シートに追加すると AGG() フィールドとして表示されます)。
非連続メジャーと連続ディメンション 現在サポートされていません。
非表示のフィールド 利用できません。
エラーのある計算フィールド 分析する値がありません。
ありがとうございます!