サイトでは、抽出ベースのデータ ソースの既定タイム ゾーンは、協定世界時 (UTC) です。サーバー管理者は、別のタイム ゾーンを設定できます。

抽出のためにサイトのタイム ゾーンを設定するには次を実行します。

  1. Tableau に管理者としてサインインします。
  2. 設定するサイト上で、[Settings] をクリックします。
  3. [Site Time Zone for Extracts] セクションで、タイム ゾーンを選択して [Save] をクリックします。

計算フィールドでは、NOW() や TODAY() などの関数がタイムゾーンを調べています。抽出の詳細については、Tableau Desktop ヘルプの「データの抽出」を参照してください。

タイム ゾーン設定は、抽出ベースのデータ ソースに使用されるだけでなく、内部抽出にも影響します。たとえば、Tableau がテキスト ファイルなどのファイルベースのデータ ソースに接続すると、抽出が内部で自動的に作成されます。Tableau は、自動的に作成された内部抽出を使用して異なるソースからデータを統合します。

ありがとうございます!