Tableau Server セットアップのコマンド ライン インストール オプションの変更点

Windows 上の Tableau Server のセットアップ プログラムは、2019.4 リリース用に書き換えられました。これにより、コマンド ライン インストール オプションの数が変更されました。2019.4.0 より前のバージョンで Tableau Server のインストールまたはアップグレードを自動化した場合は、新しいインストーラーのプロセスを更新できるように、以下の変更点を確認してください。

Tableau Server セットアップ コマンドライン オプションの完全なリストについては、Tableau Server 用のスイッチとプロパティのインストールを参照してください。

2019.4 より前のサーバー インストーラ スイッチ 2019.4 以降のサーバー インストーラーの切り替え/プロパティ
/SILENT /パッシブ 無人のフィードバック モードでセットアップを実行します。ダイアログ ボックスや UI は表示されますが、それらを操作することはできません。
/VERYSILENT /quiet | /silent 無人の完全なサイレント モードでセットアップを実行します。ダイアログ ボックスや UI は表示されません。
/suppressmsgbox 利用不可 2019.4 以降では使用できません。
  /norestart  
/dir="パス" INSTALLDIR="path" スイッチは現在プロパティです
/datadir="path" DATADIR="path" スイッチは現在プロパティです
/accepteula ACCEPTEULA=1|0 スイッチは現在プロパティです
/bootstrapfile BOOTSTRAPFILE="file" スイッチは現在プロパティです
/embeddedcredential=true|false EMBEDDEDCREDENTIAL=1|0 スイッチは現在プロパティです
/controllerport コントローラポート=<port> スイッチは現在プロパティです
/versionfile 利用不可 2019.4 以降では使用できません。
利用不可 COORDINATIONSERVICECLIENTPORT=<port> 2019.4.0 以降の新機能
利用不可 COORDINATIONSERVICEPEERPORT=<port> 2019.4.0 以降の新機能
利用不可 COORDINATIONSERVICELEADERPORT=<port> 2019.4.0 以降の新機能
利用不可 LICENSESERVICEVENDORDAEMONPORT=<port> 2019.4.0 以降の新機能

 

ありがとうございます!