実行ユーザーのトラブルシューティング

実行サービス アカウントトピックで説明したように、Tableau Server では、インストールされているマシンに対する管理レベルのアクセス権が必要です。したがって、実行サービス アカウントを更新すると、バックグラウンド プロセスによってそのアカウントに対する Tableau コンピューターでのパーミッションが設定されます。ただし、一部の複雑な展開シナリオでは、ローカルの Tableau Server コンピューター上で実行サービス アカウントのパーミッションの検証または手動設定が必要になる場合があります。このセクションを使用して、配置内の Tableau Server を実行するマシンでパーミッションを構成する方法を検証してください。また、このセクションには、実行サービス アカウントに対するパーミッションの設定方法やセキュリティ ポリシーの構成方法について説明する手順も含まれています。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください