Tableau Sever 構成ユーティリティで実行サービス アカウントを変更しても、前のアカウントからのパーミッションは削除されません。そのため、安全上のベスト プラクティスとして、実行サービス アカウントを変更した後、以前のアカウントのパーミッションを手動で取り消すことをお勧めします。以下の手順に従い、以前の実行サービス アカウントからのパーミッションを取り消します。

実行サービス アカウントを変更し、フォワード プロキシ ソリューションを使用している場合は、新しい実行サービス アカウントを使用してローカル LAN 設定を再構成する必要が出る場合があります。詳細については、フォワード プロキシ サーバーの構成を参照してください。

次の手順を実行するには、管理者アカウントで Tableau Server コンピューターにログオンする必要があります。

フォルダー パーミッションの削除

Tableau Server をインストールする場所に Windows フォルダーのパーミッションを設定します。フォルダー パーミッションを削除する前にフォルダー パーミッションの検証を参照して、パーミッションを削除する必要があるリソースを特定してください。特定した各リソースについて、次の手順を実行します。

  1. 各リソース (ドライブ、フォルダー、実行可能ファイル) で該当するリソースを右クリックしてから、[プロパティ] をクリックします。
  2. リソースのプロパティ ページで、[セキュリティ] タブ、[編集] の順にクリックしてパーミッションを変更します。
  3. [パーミッション] ページで、以前の実行サービス アカウントを選択してから、[削除] をクリックします。
  4. [OK] をクリックします。

レジストリ パーミッションの削除

次のレジストリの場所から、以前の実行サービス アカウントを削除します。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Tableau
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Tableau

警告:Windows レジストリを誤って編集すると、コンピューターに問題が発生する可能性があります。

  1. Windows 実行に「regedit」と入力してレジストリ エディターを開き、[OK] をクリックします。
  2. 各レジストリ ディレクトリで [Tableau] フォルダーを右クリックしてから、[パーミッション] をクリックします。
  3. [Tableau のパーミッション] ページで、以前の実行サービス アカウントを選択してから、[削除] をクリックします。
  4. [OK] をクリックします。

セキュリティ ポリシーの削除

次のセキュリティ ポリシーから、以前の実行サービス アカウントを削除します。

  • 「サービスとしてログオン」ポリシー
  • 「ローカルでのログオンを許可」ポリシー
  1. [スタート] > [コントロール パネル] > [管理ツール] > [ローカル セキュリティ ポリシー] を選択します。
  2. ローカル セキュリティ ポリシー[ローカル ポリシー] を開き、[ユーザー権限の割り当て] を選択します。
  3. 各ポリシーに対して:
    1. ポリシーを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
    2. [ポリシーのプロパティ] ページで、以前の実行サービス アカウントを選択してから、[削除] をクリックします。
    3. [OK] をクリックします。
ありがとうございます!