SQL Server の偽装

Tableau Server の文脈における偽装とは、あるユーザー アカウントが別のユーザー アカウントの代わりにアクションを実行することです。Tableau Server データベース ユーザーの偽装を行うように Tableau と Microsoft SQL Server を構成できます。これにより、TableauServer によって使用される SQL Server データベース アカウントは、Tableau ユーザーでもある SQL Server データベース ユーザーの代わりにクエリを実行できます。

この機能の主な利点は、管理者がデータ セキュリティ ポリシーを 1 か所、つまりデータベースに実装して制御できることです。Tableau ユーザーが SQL Server データベースへのライブ接続でビューにアクセスすると、ビューにはユーザーのデータベース パーミッションで表示が許可されている内容のみが表示されます。もう 1 つの利点は、ユーザーがビューを開くときにデータベース サインイン プロンプトに応答する必要がないことです。また、ワークブックのパブリッシャーは、ビューに表示する内容を制限するためにユーザー固有のフィルターに依存する必要がありません。

このセクションの他の記事

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直してください。