tsm data-access

tsm data-access コマンドを使用すると、データ キャッシュの構成、データ リポジトリ アクセスの有効化または無効化、シングル サインオンで使用する SAML の有効化、および Web データ コネクタ (WDC) 設定の構成を行うことができます。

tsm data-access caching list

データ接続のキャッシュ設定を表示します。データ接続のキャッシュ設定の詳細については、データ キャッシュの構成を参照してください。

シノプシス

tsm data-access caching list [global options]

tsm data-access caching set

データ接続のキャッシュ設定を行います。データ接続のキャッシュ設定の詳細については、データ キャッシュの構成を参照してください。

シノプシス

tsm data-access caching set [options] [global options]

オプション

-r, --refresh-frequency

オプション。

参照元データ ソースへの新しいクエリを使用してキャッシュに保存されたデータを更新する頻度を設定します。データをキャッシュする最大分数を定義する数値を指定できます。また、データをできるだけ長い間キャッシュし再使用するには low、またはページを読み込むたびにデータを更新するには always (0 に相当) を指定することもできます。このオプションを指定しない場合は、既定で low となります。

tsm data-access repository-access disable

既定のリモート ユーザーによる Tableau PostgreSQL データベースへの外部アクセスを無効にします。これにより localhost からのアクセスが無効になることはありません。

シノプシス

tsm data-access repository-access disable [options] [global options]

オプション

--repository-username <username>

必須。

データ リポジトリへのアクセス権を持つユーザー名で tableau または readonly のいずれか。

--request-timeout <timeout in seconds>

オプション。

コマンドが終了するまで指定した時間待機します。既定値は 1800 (30 分) です。

--ignore-prompt

オプション。

再起動のメッセージを表示せずに Tableau Server を再起動します。

tsm data-access repository-access enable

Tableau PostgreSQL データベースへのアクセスを有効にします。

既定では、PostgreSQL トラフィックではポート 8060 (TCP) を使用します。ローカル ファイアウォールを実行している場合は、必ずこのポートでトラフィックを許可してください。PostgreSQL のポートを変更するには、動的マッピングされないポートを参照してください。

シノプシス

tsm data-access repository-access enable [options] [global options]

オプション

--repository-password <password>

必須。

指定したユーザー名のデータ リポジトリにアクセスするパスワードを設定 (または変更) します。

--repository-username <username>

必須。

データ リポジトリへのアクセス権を持つユーザー名で tableau または readonly のいずれか。

--request-timeout <timeout in seconds>

オプション。

コマンドが終了するまで指定した時間待機します。既定値は 1800 (30 分) です。

--ignore-prompt

オプション。

再起動のメッセージを表示せずに Tableau Server を再起動します。

tsm data-access repository-access list

Tableau PostgreSQL データベースへのアクセス権を持つユーザーを一覧表示します。

シノプシス

tsm data-access repository-access list [global options]

tsm data-access set-saml-delegation configure

SAML SAP HANA のシングル サインオンを設定します。これにより Tableau Server は、SAP HANA にデータ接続するシングル サインオンをユーザーに提供するアイデンティティ プロバイダー (IdP) として機能します。

シノプシス

tsm data-access set-saml-delegation [options] [global options]

オプション

-kf, --cert-key <cert-key>

オプション。

SAML 証明書キー ファイル。

-cf, --cert-file <file-path>

オプション。

SAML 証明書ファイルの場所。

-uf, --username-format <username-format>

オプション。

ユーザー名の形式。有効な形式キーは、'username'、'domain_and_username'、'email' です。

-uc,--username-case <username-case>

オプション。

ユーザー名の大文字/小文字の指定。有効な大文字/小文字の指定キーは、'lower'、'upper'、'preserve' です。

.

tsm data-access set-saml-delegation disable

SAML SAP HANA でのシングル サインオンを無効にします。

シノプシス

tsm data-access set-saml-delegation disable [global options]

tsm data-access set-saml-delegation enable

SAML SAP HANA でのシングル サインオンを有効にします。

シノプシス

tsm data-access set-saml-delegation enable [global options]

tsm data-access web-data-connectors add

Web データ コネクタ (WDC) を WDC セーフ リスト (「ホワイトリスト」) に追加します。

シノプシス

tsm data-access web-data-connectors add [options] [global options]

オプション

-n, --name <name>

必須。

Tableau Server のデータ ソース リストに表示される WDC の名前。この名前は単一引用符 (') または二重引用符 (") で囲う必要があります。

-sec, --secondary <secondary-URL-1>, <secondary-URL-2>

任意の項目です。

どのドメインでコネクタでのリクエスト送信またはデータ受信が可能かを示す URL のコンマ区切りリスト。2 番目のセーフ リストにドメイン全体を追加するには、ワイルドカードの式 (.*) を使用できます。以下の例のように、式の一部として丸括弧 ( ) を含めるようにしてください。https://www.example.com/(.*)

--url <URL>

必須。

WDC の URL (<scheme>://<host>:<port>/<path> として書式設定。例: https://www.tableau.com:80/example/)。多くの WDC では、<port> 値は 443 または 80 ですが、Tableau Server または Tableau Online のデータ ソースの詳細を確認することで、コネクタの値を確認することができます。

tsm data-access web-data-connectors allow

WDC 更新を有効または無効にします。また、Tableau Server での WDC の使用を有効または無効にします。

シノプシス

tsm data-access web-data-connectors allow [options] [global options]

オプション

-r, --refreshes <refreshes-allowed>

任意の項目です。

WDC 更新を却下するには、false に設定します。既定は true です。

-t, --type <WDC-allowed>

任意の項目です。

Tableau Server での WDC の使用を却下する (また、バックアップから WCD を省略する) には、none に設定します。既定は all で、WDC の使用は許可されます。

tsm data-access web-data-connectors delete

特定の WDC、またはすべての WDC を Tableau Server のセーフ リスト (「ホワイトリスト」) から削除します。

シノプシス

tsm data-access web-data-connectors delete [options] [global options]

オプション

--all

任意の項目です。

このオプションを使用するとすべての WDC が削除されます。

--url <URL>

任意の項目です。

削除する WDC の URL。

tsm data-access web-data-connectors list

現在セーフ リスト (「ホワイトリスト」) にあるすべての WDC をリストします。

シノプシス

tsm data-access web-data-connectors list [options] [global options]

オプション

グローバル オプション

-h, --help

オプション。

コマンドのヘルプを表示します。

-p, --password <password>

アクティブなセッションがない場合は、必要に応じて -u または --username と一緒に使用します。

-u または --username で指定されたユーザーのパスワードを指定します。

パスワードにスペースや特殊文字が含まれる場合、これを引用符で囲みます。

--password "my password"

-s, --server <url_to_tsm>

オプション。

Tableau Services Manager で指定したアドレスを使用します。URL は https で始め、ポート 8850 を含め、IP アドレスではなくサーバー名を使用する必要があります (たとえば、https://mytableauhost:8850)。サーバーが指定されていない場合は、仮に https://<localhost | dnsname>:8850 とします。

--trust-admin-controller-cert

オプション。

このフラグは、TSM コントローラーで自己署名証明書を信頼するために使用します。証明書の信頼および CLI 接続の詳細については、TSM クライアントの接続を参照してください。

-u, --username <user>

アクティブなセッションがない場合は、必要に応じて -p または --password と一緒に使用します。

ユーザー アカウントを指定します。このオプションが含まれていない場合は、コマンドがサインインに使用した認証資格情報を使用して実行されています。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください