ATRDiag.exe コマンド ライン リファレンス

ATRDiag コマンド ライン ユーティリティを使用すると、ログインベースのライセンス管理 と 実行承認 (ATR) 機能に関連するライセンス発行の問題を管理できます。

シノプシス

ATRDiag -dumpATR -showAll -showVerbose -product ["Tableau Desktop"]["Tableau Prep"]["Tableau Server"]

-subProduct {subProduct} -version {version} -setVersion {version}

-log [Trace][Debug][Info][Warn][Error][Fatal][Off] -status -deleteAllATRs

-deleteInvalidATRs -deleteATR {atrIdToDelete}

-enableATRFeature -disableATRFeature -enableLBLMFeature -disableLBLMFeature

-requireLBLMFeature -setDuration {seconds}

注: すべての ATRDiag オプションでは大文字と小文字が区別されません。

オプション

-dumpATR

コマンド プロンプト (存在する場合) に有効な実行承認 (ATR) を表示します。複数の ATR が有効である場合は、-version/-product/-subProduct/-version を使用して、どの ATR をダンプするかを制御します。

-showAll

レジストリの内容を列挙して、使用可能な ATR を確認します。(一部の ATR は無効な場合があります)。

-showVerbose

レジストリの内容を列挙し、-version/-product/-subProduct/-version を使用して製品ごとに表示します。

-product ["Tableau Desktop"]["Tableau Prep"]["Tableau Server"]

既定は "Tableau Desktop" です。サーバー ATR を表示するには、"Tableau Server" を指定する必要があります。

-subProduct {subProduct}

既定は "プロフェッショナル".です。

-version {version}

既定なし。このフィールドの有効な値は "Tableau 2021.1" です。

-setVersion {version}

-version の既定値を保持します。

-log [Trace][Debug][Info][Warn][Error][Fatal][Off]

ATR のログ情報を表示します。

-status

ATR 機能のステータス (有効または無効)、ライセンス サーバーを提供し、ATR をダンプします。

-deleteAllATRs

マシン上のすべての ATR を削除します。

-deleteInvalidATRs

無効な ATR をすべて削除します。

-deleteATR {atrIdToDelete}

ID ごとに ATR を削除します。

-enableATRFeature

ATR 機能をオンにします。管理者として実行する必要があります。

-disableATRFeature

ATR 機能をオフにします。管理者として実行する必要があります。

-enableLBLMFeature

ログインベースのライセンス管理 をオンにします (LBLM)。管理者として実行する必要があります。

-disableLBLMFeature

ログインベースのライセンス管理 をオフにします (LBLM)。管理者として実行する必要があります。

-requireLBLMFeature

ログインベースのライセンス管理 (LBLM) 機能を [必須] に設定します。管理者として実行する必要があります。

-setDuration {seconds}

ATRRequestedDurationSecondsを [秒] に設定します。管理者として実行する必要があります。

グローバル オプション

-h, --help

任意の項目です。

コマンドのヘルプを表示します。

ありがとうございます!