このプロセスは、Tableau Server 2022.1 で導入されました。

Tableau Server リソース制限マネージャーは、設定されたリソース制限に対するバックグラウンダー リソースの使用状況を追跡し、リソース制限が正しく適用されていることを確認します。

プロセス

Resource Limits Manager

ステータス Resource Limits Manager のステータスは、TSM CLI にのみ表示されます。
ロギング

Content Exploration Service が生成したログは、/var/opt/tableau/tableau_server/data/tabsvc/logs/allegro にあります。

  • 構成ログは、バックグラウンダー ログに含まれています
  • リソース消費ログは vizportal ログに含まれています。

詳細については、「Tableau Server ログとログ ファイルの場所」を参照してください。

リソース制限マネージャーは、既定で Tableau Server の初期ノードに自動的にインストールされます。Tableau Server の追加ノードで、プロセスを追加したり、これを構成したりすることはお勧めしません。

最大メモリ使用量は、512 MB に設定されています。

リソース制限マネージャーに障害が発生するとどうなりますか?

リソース制限は適用されなくなりますが、ジョブは利用可能なバックグラウンダー リソースを使用して引き続き実行されます。この動作は、リソース制限が設定されていないシナリオに似ています。

ステータスは、tsmコマンド --tsmstatus-v を使用してを確認できます

ありがとうございます!