ワークブックを開く

Tableau Reader では、Tableau Desktop または Tableau Server を使用して作成されたパッケージド ワークブックを開くことができます。パッケージド ワークブックは、.twbx 拡張子を使用して保存され、ワークブックと共にローカル ファイル データ ソースや背景イメージのコピーを含みます。ワークブックは、元のデータ ソースやイメージにはリンクされません。

パッケージド ワークブックは、Excel、Access、データ抽出、テキスト ファイルなどのローカル ファイル データ ソースのみに接続します。

 

Tableau Reader ファイルを開くには、次のいずれかを実行します。

  • 開始ページの [ファイルの参照] をクリックし、[開く] ダイアログ ボックスでパッケージド ワークブックの場所に移動します。

    注: このボタンは、ペイン内に最近開いたワークブックが他にない場合にのみ表示されます。

  • [ファイル] > [開く] を選択し、[開く] ダイアログ ボックスでパッケージド ワークブックの場所に移動します。

  • パッケージド ワークブック ファイルをダブルクリックします。

  • パッケージド ワークブック ファイルを Reader のデスクトップ アイコンまたは実行中のアプリケーションにドラッグします。

  • [ワークブックを開く] リンクをクリックし、開くワークブックを選択します。

    注: このリンクは、1 つ以上のワークブックを開いたことがある場合にのみ表示されます。

 

ワークブックが開くと、ワークシートとダッシュボードがウィンドウの下部にタブとして表示されます。

 

注: ワークブックが Microsoft Office 2007 データ ソース (Excel または Access) に接続している場合は、Microsoft Office 2007 もコンピューターにインストールする必要があります。データ ソースをソフトウェアと互換性のあるバージョンに保存するようにワークブック作成者に求めることもできます。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください