Reader のレイアウト

ワークブックは Reader ウィンドウで開き、そこからデータを表示したり操作できます。ワークブックには、1 つのシートまたはビューを含めることができます。また、ダッシュボード (さまざまなデータを同時に比較して監視できるように 1 か所に表示された複数のワークシートの集合) を含めることもできます。

 

`

 

ワークブック間の移動

Tableau には、ワークブック内を移動する複数のオプションがあります。ワークブックに複数のシートが含まれる場合、各シートまたはダッシュボードは、ウィンドウの下部にタブとしてワークブックに表示されます。

シート間で切り替えるには、タブをクリックします。一度にすべてのタブを表示するにはシートが多すぎる場合は、左のコントロールを使用してタブをスクロールできます。

ワークブック内のすべてのシートまたはダッシュボードを一度に表示するには、フィルムストリップまたはシート ソーター ビューを使用します。フィルムストリップ ビューには、ワークブックの下部にあるサムネイル イメージとして各シートが表示されます。タブとフィルムストリップ ビューを切り替えるには、Reader ウィンドウの右下にあるボタンをクリックします。表示するシートを開くには、サムネイル イメージを選択します。

シート ソーターには、ワークブック内のすべてのシートが 1 つのペイン内のサムネイル イメージとして表示されます。シート ソーターを開くには、Reader ウィンドウの右下にあるボタンをクリックします。表示するシートを開くには、サムネイル イメージを選択します。

ツールバーとメニューの使用

ビューを操作するにはツールバーとメニューを使用します。たとえば、ナビゲーション ツールでズーム インしてビューの周りをパンするか、[並べ替え] ボタンをクリックして表のデータをすばやく並べ替えることができます。ツールバーには、次のコントロールが含まれています (左から右へ)。

  • Tableau アイコン: クリックして開始ページに移動します。

  • 元に戻す - シートまたはダッシュボードで行った最終のアクションを元に戻します。たとえば、ビューのフィルターを変更した場合、ビューを最終の状態にリセットするには [元に戻す] ボタンをクリックします。

  • やり直す - [元に戻す] ボタンをクリックした場合、シートまたはダッシュボードで元に戻した最終のアクションを繰り返します。

  • 自動更新を一時停止 - 自動更新機能を一時停止します。この機能を有効にすると、Tableau はフィルターの変更に基づいてワークシートまたはダッシュボードを自動的に更新します。ビューの自動更新を行わない場合は、このボタンをクリックして機能を無効にできます。

  • 更新を実行 - 自動更新を一時停止した場合に、クリックして手動更新し、最新の設定でビューを更新します。

  • 昇順に並べ替え - データ フィールドを昇順に並べ替えます。

  • 降順に並べ替え - データ フィールドを降順に並べ替えます。

  • コントロールを合わせる - ドロップダウン リストのいずれかのオプションを選択し、アプリケーション ウィンドウに合わせてビューのサイズを調整します。

  • 軸の固定 - 特定の範囲の値のみを表示するロックされた軸と、ビュー内の最小値と最大値に基づいて範囲を表示する動的な軸を切り替えます。

  • プレゼンテーション モード - ビューのみを表示し、ツールバーとメニューを非表示にします。Esc を押すか、画面右下隅にある [プレゼンテーション] ボタンをクリックして標準ビュー モードに戻ります。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください