色の凡例

色の凡例は、カテゴリー別または数量的に指定できます。カテゴリー凡例は顧客名や地域などの不連続のカテゴリーを表し、定量的凡例は売上高や収益などの数値範囲を表します。

カテゴリー凡例

定量的凡例

カテゴリー別色の凡例を編集するには、次の手順を行います。

  1. 凡例を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[色の編集] を選択します。

  2. 左のリストからデータ項目を選択し、右のパレットで新しい色を選択します。

  3. [OK] をクリックします。

注: [色の編集] ダイアログ ボックスの右上隅にあるドロップダウン リストから別のカラー パレットを選択できます。

定量的色の凡例を編集するには、次の手順を行います。

  1. 凡例を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[色の編集] を選択します。

  2. 色の傾斜の横にあるカラー インジケータをクリックし、スペクトル内で新しい色を選択します。

  3. 次の 1 つまたは複数のオプションを使用して指定することもできます。

    • ステップド カラー - それぞれ一意の色が与えられている均等なビンに値をグループ化します。

    • 反転 - 範囲内の色の順序を切り替えます。

    • フル カラー レンジを使用 - 範囲内の最初の数値と最後の数値に一番濃い色を割り当てます

    (分岐カラー パレットの使用時にのみ利用可能)。

  4. 必要に応じて、[詳細] オプションを使用して、カラー レンジの最初の値、中間値、最後の値を定義します。

  5. 終了したら、[OK] をクリックします。

注: [色の編集] ダイアログ ボックスの上部のドロップダウン リストから別のカラー パレットを選択することができます。

ありがとうございます!