Microsoft PowerPivot

この記事では、Tableau を Microsoft PowerPivot データベースに接続する方法について説明します。

はじめる前に

開始する前に、次の接続情報を収集します。

  • SharePoint URL、SharePoint, UNC、またはローカルの Excel ファイル名

    ワークブックを Tableau Server にパブリッシュする予定がある場合は、SharePoint 上の PowerPivot ファイルに接続してください。Tableau Server では、ローカル PowerPivot ファイルへの接続はサポートされていません。

注: Tableau Desktop では、Microsoft PowerPivot 2010 および 2013 がサポートされます。

Windows コンピューター上の Tableau Desktop でこのコネクターを使用します。

必要なドライバー

このコネクタにはデータベースとやり取りするためのドライバーが必要です。お使いのコンピューターにはすでに必要なドライバーがインストールされています。ドライバーがコンピューターにインストールされていない場合、Tableau によって「ドライバー ダウンロード」(Link opens in a new window)ページへのリンクを含むメッセージが接続ダイアログ ボックスに表示されます。このページで、ドライバーのリンクとインストール手順を確認できます。

接続してデータ ソースを設定する

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で [Microsoft PowerPivot] を選択します。データ接続の完全なリストについては、[サーバーへ][詳細] を選択します。その後、次を実行します。

    1. PowerPivot ファイルへの接続に SharePoint URL、SharePoint UNC (ファイル パス)、ローカル Excel ファイルのどれを使用するかを選択します。

    2. [サインイン] を選択します。

  2. データ ソース ページで次の手順を行います。

    1. (任意) ページ上部にある既定のデータソース名を選択し、Tableau で使用する一意のデータソース名を入力します。たとえば、データの他のユーザーが、どのデータ ソースに接続するか推測するのに役立つ命名規則を使用します。

    2. [ファイルの選択] にファイル名が表示されます。接続ごとに 1 つのファイルが表示されます。そのファイルで利用可能な観点を検索または選択します。

    3. シート タブを選択して分析を開始します。

PowerPivot パースペクティブの使用

PowerPivot データには 1 つ以上の観点が含めることができます。パースペクティブは、データ セットを定義するモデルのオブジェクトのサブセットです。通常、パースペクティブは、特定のユーザー グループまたはビジネス シナリオを想定して定義されます。大規模なデータ ソースがパースペクティブによって参照しやすくなります。

関連項目

ありがとうございます!