Tableau によるビュー URL の構築方法を理解するため、ブラウザー アドレス バーの例を詳しく確認します。

ベース URL の構造

  • Tableau Server や Tableau Online では、Tableau ビューの基本的な URL パターンは次のとおりです。
    http://<servername>/#/views/<workbook>/<sheet>
  • マルチサイト環境では、既定以外のサイトに保存されたビューの場合、サイト ID も URL に含まれます。
    http://<servername>/#/site/<sitename>/views/<workbook>/<sheet>

ベース URL へのパラメーターの追加

クエリ文字列の追加

フィルター URL を作成するには、ベース URL にクエリ文字列を追加します。クエリ文字列では、ビューフィルターはパラメーターです。クエリ文字列を作成するには:

  • 疑問符 (?) を使用してクエリ文字列を開始します。
  • アンパサンド(&)を使用して、パラメーターを区切ります。
  • コンマ(,)を使用してパラメーターあたりの複数の値を区別します。

例は次のとおりです。
http://<servername>/#/views/<workbook>/sheet?param1=value1,value2&param2=value

また、URL に表示できないフィールド名やシート名の文字は、URL エンコードされます。たとえば、スペースは %20 に変換されます。

注:URL パラメーターを追加する前に、URL の最後の :iid=[#] を削除します。これは、現在のブラウザー セッションの一時的なビュー カウンターです。

フィールド名の大文字の反映

URL パラメーターでは、大文字と小文字が区別されます。クエリ文字列を追加する場合は、ソース データのフィールド名の大文字を正確に反映させてください。

クエリ文字列がダッシュボードに与える影響

ダッシュボード内に表示されるフィルターは 1 つのシートのみに影響する場合がありますが、URL パラメーターはすべてのシートに適用されます。URL パラメーターを追加する前に、各シートに表示されるフィールドをよく理解して、保持すべきデータを誤って除外しないようにしてください。

操作するビューの例の選択

この記事の例では、Tableau Server に付属する Superstore サンプル データ ソースを使用して作成した "Performance (パフォーマンス)" ビューを使用しています。

この例の URL には、次の属性が反映されています。

  • シート名は Performance
  • ワークブック名は Superstore
  • サーバー名は、プレースホルダー IP アドレスを使用して示されています。そこには、オンプレミスのサーバー名か、online.tableau.com が表示されます。

例に沿って進めるために、Superstore から同じようなビューを確認したり、例の URL を調整して、自分の環境のフィールドやシート、および別の名前を使用することができます。独自のビューを使用している場合は、最初にそのビューをサーバーにパブリッシュしてください。

ビューのフィルター

この記事で使用している例のビューの場合、ベース URL は次のとおりです。
http:<servername>/#/views/Superstore/Performance

Furniture のみ

Furniture の売上のみを表示するには、URL の末尾に次のクエリ文字列を追加します。
?Category=Furniture

例は次のとおりです。
http:<servername>/#/views/Superstore/Performance?Category=Furniture

Consumer のみ

ビューを Consumer の売上に制限するには、URL を次のように変更します。
http:<servername>/#/views/Superstore/Performance?Segment=Consumer

Home Office と Consumer

Home Office と Consumer の両方の売上を表示するには、URL を次のように変更します。
http:<servername>/#/views/Superstore/Performance?Segment=Home%20Office,Consumer

フィールド名 "Home Office" 内の 20% は、ベース URL へのパラメーターの追加セクションで説明しているように、URL エンコードされたスペース文字を表しています。

ここでは、パラメーターあたりの複数の値をスペースではなく、コンマで区切っています。

Central の Furniture

複数のフィールド/値のペアを表示するには、それらをアンパサンドで区切ります。
http:<servername>/#/views/Superstore/Performance?Region=Central&Category=Furniture

除外フィルター

これまで、のところ、この記事に示している例では、結果のビュー内のフィールドのすべての値が表示されています。柔軟性を高めるために、特定のフィルターに複数の値を指定し、それらの値の特定の共通集合のみを表示する追加パラメーターを含めることができます。

次の URL は、地域別に部門の売上高を表示する、この例で使用するフィルターされていないベース ビューを示しています。
http://<servername>/#/views/Superstore/Performance

次に、Central と West 地域の Furniture and Technology 部門の売上高のみを表示するために、ベース URL に次のクエリ文字列を追加します。
?Region=Central,West&Category=Furniture,Technology

Central 地域の Furniture の売上高と West 地域の Technology の売上高のみを表示するには、クエリ文字列に ~s0 パラメーターを追加します。
?Region~s0=Central,West&Category~s0=Furniture,Technology

最終的な URL は次のようになります。
http://<servername>/#/views/Superstore/Performance?Region~s0=Central,West&Category~s0=Furniture,Technology

日付フィルターに関する特別な考慮事項

日付フィールドをフィルターする場合は、データベース環境での日付の形式と動作を考慮に入れます。

  • URL パラメーターで渡す日付 (および時刻) の値は、Tableau の次の既定の形式と一致する必要があります。
    yyyy-mm-dd hh:mm:ss
  • 多くのデータベースでは、日付を datetime 値として格納します。そのため、パラメーターに指定する値に時刻部分を含めることが必要な場合があります。時刻部分は 24 時間制に基づいています。そのため、午後 10:18 は、22:18:00 と指定します。

日付パラメーターの例

次の例のクエリ文字列では、"Order Date" という日付フィールドを使用します。この記事の前の例のように、ビューのベース URL にクエリ文字列を追加します。

  • "Order Date" フィールド タイプに日付のみが含まれており (時刻なし)、2018年7月8日のデータのみを表示する場合、クエリ文字列は次のようになります。
    ?Order%20Date=2018-07-08
  • "Order Date" に時刻部分が含まれており、2018年7月8日午後 10:18 でフィルターする場合、クエリ文字列は次のようになります。
    ?Order%20Date=2018-07-08%2022:18:00
  • "Order Date" が日付のみで、複数の日付でフィルターするには、この記事の前半で説明したように、コンマを使用します。例は次のとおりです。
    ?Order%20Date=2018-07-08,2018-07-09,2018-07-10,2018-07-11

DATEPART フィルターとしてのパラメーター

日付部分でフィルターするには、Tableau Desktop の既定の日付階層と同じ命名法を使用します。詳細については、Tableau ヘルプの「日付関数」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

year(Order%20Date) 整数
quarter(Order%20Date) 1 ~ 4 の整数
month(Order%20Date) 1 ~ 12 の整数
day(Order%20Date) 1 ~ 31 の整数
hour(Order%20Date) 0 ~ 23 の整数
minute(Order%20Date) 0 ~ 59 の整数
second(Order%20Date) 0 ~ 59 の整数
week(Order%20Date) 1 ~ 53 の整数
my(Order%20Date) 6 桁の整数:YYYYMM
mdy(Order%20Date) 8 桁の整数:YYYYMMDD
ありがとうございます!