注釈をビジュアライゼーションに追加して、特定のマーク、地図上の場所などの特定のポイント、または散布図マークのクラスタなどのエリアをコールアウトします。

: Web 作成では、(ワークシートまたはダッシュボード内の) ビューを右クリックしてポイントまたはマーク注釈を選択することにより、注釈の作成や削除を実行できます。注釈を再度右クリックすると注釈を編集または削除できます。現時点では、注釈の書式設定や移動は Web ではサポートされていません。

ビジュアライゼーションに他のテキスト エレメントを追加して書式設定するには、タイトル、キャプション、ツールヒントおよび凡例の書式設定を参照してください。

注釈の追加

注釈を viz に追加するには

  1. ワークシートでデータ ポイントを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) するか、viz で注釈を追加する場所を特定して [注釈を付ける] を選択し、追加する注釈のタイプを選択します。

    Tableau では、次の 3 つの注釈タイプがあります。

    • マーク - 選択したマークに関連付ける注釈を追加するには、このオプションを選択します。このオプションは、データ ポイント (マーク) が選択されている場合にのみ使用できます。

    • ポイント - ビュー内の特定のポイントに注釈を付けるには、このオプションを選択します。

    • エリア - 外れ値のクラスタ、対象範囲など、viz 内のエリアに注釈を付けるには、このオプションを選択します。

  2. [注釈の編集] ダイアログ ボックスを開いて、注釈に表示するテキストを入力します。

    注釈テキストに動的変数を挿入するには、[挿入] メニューを使用します。たとえば、注釈は参照元データが変更されると更新されるデータ値を表示できます。使用できる動的変数は、マーク、ポイント、またはエリアに注釈を付けているかどうかによって決まります。

  3. 終了したら、[OK] をクリックします。

    viz に注釈が付いて更新されます。

注釈の編集

注釈を編集するには

  1. viz 内の注釈を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[編集] を選択します。

  2. [注釈の編集] ダイアログ ボックスを開いて注釈テキストを編集し、[OK] をクリックします。

注釈の再配置

注釈を追加したら、注釈の移動、サイズの変更、線の調整、およびテキストの移動を行うことができます。注釈の種類によって再配置や変更の方法が異なります。このセクションでは、注釈の種類ごとに再配置、サイズ変更、および変更の方法について説明します。

マーク注釈

マーク注釈を選択すると、本体と線が選択され、複数のサイズ変更ハンドルが表示されます。これらのハンドルを使用して、本体と線のサイズを変更します。

本体の位置を変更するには

  • 選択した注釈の本体をクリックして新しい位置にドラッグします。

本体のサイズを変更するには

  • 本体のサイズ変更ハンドルをクリックして左右にドラッグします。テキストと高さは、本体の幅に合わせて自動的に調整されます。

線のサイズを変更するには

  • 線のサイズ変更ハンドルをクリックしてドラッグします。

ポイント注釈

ポイント注釈は、リファレンス ラインや軸上の値など、ビューの特定のポイントにマークを付けます。ポイント注釈は、線とテキストで表示されます。ポイント注釈を選択すると、複数のサイズ変更ハンドルが表示されます。これらのハンドルを使用して、本体と線の位置とサイズを変更します。

本体の位置を変更するには

  • 選択した注釈の本体をクリックして新しい位置にドラッグします。本体を移動すると、選択した特定のポイントを指すように、線のサイズは自動的に変更されます。

本体のサイズを変更するには

  • 両側のサイズ変更ハンドルをクリックして左右にドラッグします。テキストと高さは、本体の幅に合わせて自動的に調整されます。

線の終点を移動するには

  • 新しい位置を指すように、線の終点をクリックしてドラッグします。

エリア注釈

エリア注釈を使用すると、ビューのエリアをハイライトまたはコールアウトすることができます。エリア注釈は特定のマークに関連付けられておらず、一般的には複数のマークのコールアウトに使用されます。エリア注釈を選択すると、複数のサイズ変更ハンドルと 2 つのテキスト ハンドルが表示されます。これらのハンドルを使用して、ボックスとテキストの位置とサイズを変更します。

ボックスの位置を変更するには

  • 選択した注釈のボックスをクリックして新しい位置にドラッグします。

ボックスのサイズを変更するには

  • ボックスのサイズ変更ハンドルのいずれかをクリックしてドラッグします。

テキストの位置を変更するには

  • 中央のテキストハンドル をクリックして新しい位置にドラッグします。

テキストの幅を変更するには

  • 右のテキスト ハンドルをクリックして左から右へドラッグします。テキストの高さは、幅に合わせて自動的に調整されます。

注釈の書式設定

注釈のテキスト、本文、行を変更できます。たとえば、本体をボックスや単一端にするか、または完全に非表示にするかどうかを指定できます。また、マークやポイント注釈の線の最後に矢印や点を付けるか、線のままにするかなどを指定できます。

注釈を書式設定するには

  1. 1 つまたは複数の注釈を選択し、選択した注釈の 1 つを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) して、[書式設定] を選択します。

    [データ] ペインのワークスペース左側にある [書式設定] ペインを開きます。

  2. [書式設定] ペインでドロップダウンを使用して、フォントのプロパティ、テキストの配置、線のスタイル、および網掛けを指定します。

注釈の削除

viz から注釈を削除するには

  1. viz で 1 つまたは複数の注釈を選択します。

  2. 選択した注釈の 1 つを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) して、[削除] を選択します。

関連項目

マーク ラベルの表示、非表示、および書式設定(新しいウィンドウでリンクが開く)

ありがとうございます!