手順 1 (新規インストール): Tableau Server を Tableau Prep Conductor と一緒にインストール

このトピックでは、Tableau Server の新規インストールで Tableau Prep Conductor を有効にする方法について説明します。

Tableau Prep Conductor は、Tableau Server バージョン 2019.1 以降でのみサポートされています。

Tableau Prep Conductor は Data Management アドオンを介して、展開ごとにライセンスされています。展開には、ライセンスされている本番環境の Tableau Server インストールのほか、本番環境インストールをサポートし、ライセンスされている非本番環境の Tableau Server インストールが含まれています。展開の詳細については、エンドユーザーライセンス契約に関する文書(Link opens in a new window)を参照してください。

インストールの前に

本番環境の Tableau Server インストールのトポロジとして、フロー実行のための専用ノードを使用することが推奨されます。現在、単一ノードの Tableau Server インストールを検討している場合は、2 番目のノードを追加し、それをフローの実行専用にすることをお勧めします。

Tableau Server のインストールおよび Tableau Prep Conductor の有効化

次のトピックの指示に従って Tableau Server をインストールします。

Windows: Tableau Server のインストール(Link opens in a new window)

Linux: Tableau Server のインストール トピック(Link opens in a new window)

[ライセンス認証] の手順まで来たら、Tableau Server プロダクト キーを使用して Tableau Server をライセンス認証します。

すべてのプロダクト キーは、カスタマー ポータル(Link opens in a new window)より入手可能です。

パブリック ゲートウェイの設定を構成する

Tableau Server が次のいずれかで設定されている場合です。

  • ロード バランサを使用して、要求をゲートウェイ間で分散している。

  • リバース プロキシを使用して、外部 (インターネット) クライアントの要求を認証したり、SSL ベースの暗号化やオフロードを実行している。

パブリック ゲートウェイの次の設定を構成する必要があります。

tsm configuration set -k gateway.public.host -v <name> (Tableau Server へのアクセスにユーザーが使用している URL である必要があります)

tsm configuration set -k gateway.public.port -v 443

ゲートウェイ設定の構成の詳細については、「Tableau Server プロキシの設定」(Link opens in a new window)を参照してください。

Tableau Prep Conductor を有効にする

Data Management プロダクト キーを Tableau Server に追加するには、次の手順を使用します。

注: このプロセスでは、Tableau Server を再起動する必要があります。

注: コア ベースのライセンス発行を使用している場合は、Data Management プロダクト キーとリソース コア プロダクト キーの両方をTableau の展開に適用する必要があります。最初のキーを使用すると、Tableau Server でフローを実行することができますが、Tableau Prep Conductor と 2 番目のキーを使用する場合は、Tableau Prep Conductor のノードにコアが追加されます。すべてのプロダクト キーは、カスタマー ポータル(Link opens in a new window)より入手可能です。

  1. Tableau Server を実行しているコンピューターがフォワード プロキシ経由でインターネットに接続するように構成されている場合は、続行する前に「フォワード プロキシを使用したプロダクト キー操作の構成」(Link opens in a new window)のトピックの手順に従ってください。

  2. ブラウザで TSM を開きます:

    https://<tsm-computer-name>:8850

  3. [構成] タブで [ライセンス発行] をクリックし、[アクティブ化] をクリックします。

  4. Data Management プロダクト キーを入力するか貼り付けて、[アクティブ化] をクリックします。

  5. [登録] ページで情報をフィールドに入力し、[登録] をクリックします。

  6. 登録が完了したら、プロンプトに従って Tableau Server を再起動します。

Tableau Prep Conductor が有効で実行中であることの確認

Data Management プロダクト キーをライセンス認証すると、バックグラウンダーが有効な任意のノードで Tableau Prep Conductor の単一インスタンスが自動的に有効になります。

次の手順により、有効で実行中であることを確認します:

  1. ブラウザを開き、Tableau Server の URL を入力して、専用の TSM Web UI ポートを追加します。いくつかの例として、URL は以下のようになります。

    https://localhost:8850/ (サーバー コンピューター上で直接作業している場合)

    https://MarketingServer:8850/ (サーバー名がわかっている場合)

    https://10.0.0.2:8850/ (サーバーの IP アドレスがわかっている場合)

    表示されるサインイン ページで、管理者のユーザー名とパスワードを入力します。

    注: Tableau Server は、インストール プロセス中に自己署名証明書の作成および構成を行います。この証明書は、TSM Web UI へのトラフィックを暗号化するために使用されます。これは自己署名証明書であるため、既定では、これはお使いのブラウザにより信頼されません。そのため、接続できるようになる前に、お使いのブラウザに証明書の信頼性に関する警告が表示されます。

  2. Tableau サービス マネージャーの Web インターフェイスで、[ステータス] タブをクリックし、ステータスを表示します。

    • Tableau Prep Conductor が有効になり、実行中であると、プロセスのリストに Tableau Prep Conductor が 1 つ以上のノードで [アクティブ] として表示されます。Tableau Prep Conductor が有効になっていないと、プロセスのリストに Tableau Prep Conductor は表示されるものの、いずれのノードでもステータス情報はありません。

      Tableau Prep Conductor が有効になっていない:

      Tableau Prep Conductor not enabled

    • Tableau Prep Conductor が有効で実行中である。以下の画像では Tableau Prep Conductor が node1 と node3 で有効になっている:

ノードを Tableau Prep Conductor 専用にする

 

フローの実行専用にしようと考えているノードで、バックグラウンダー プロセスがまだ有効でなければ有効にします。このノードでは VizQL サーバーなど、他のプロセスは実行しないことをお勧めします。

このノードはフローの実行専用にしているため、フロー タスクのみを実行するようにバックグラウンダーを構成する必要があります。既定では、バックグラウンダー プロセスは、フロー、抽出更新、サブスクリプションなど、すべてのタイプのタスクを実行します。詳細については、「Tableau Server でのノードの役割」(Link opens in a new window)を参照してください。

その専用ノードで以下の tsm コマンドを実行し、フロー タスクのみを実行します。

  1. 以下のコマンドを実行し、このノードのバックグラウンダーでフロー タスクの実行のみを許可します。

    tsm topology set-node-role -n node1 -r flows

  2. 最初のノードのノードの役割を、フローなしに設定します。このノードのバックグラウンダーは、次のフローを除くすべてのジョブを実行します。

    tsm topology set-node-role -n node1 -r no-flows

  3. 変更を適用し、Tableau Server を再起動します。

    tsm pending-changes apply

分散インストール

Tableau Server インストールに 2 つを超えるノードがある場合は、フロー以外のすべてのタスクを実行するように他のノードを構成することもできます。

  1. フローを許可しないようにノードを制限します。このコマンドを使用すると、このノードから Tableau Prep Conductor が削除され、このノードのバックグラウンダーでフロー タスクが実行されません。

    tsm topology set-node-role -n node1 -r no-flows

  2. 変更を適用し、Tableau Server を再起動します。

    tsm pending-changes apply

次の手順

手順 2 - Tableau Server のフロー設定の構成

実行可能なユーザー

サーバー管理者は Tableau Server をインストールし、Tableau Prep Conductor を有効にすることができます。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直してください。