Tableau Server での Tableau Prep Conductor の有効化および構成

Tableau Prep Conductor は、Tableau Server バージョン 2019.1 以降でのみサポートされています。

Tableau Prep Conductor は Data Management アドオンを介して、ユーザーベースまたはコアベースである展開ごとにライセンスされています。展開には、ライセンスされている本番環境の Tableau Server インストールのほか、本番環境インストールをサポートし、ライセンスされている非本番環境の Tableau Server インストールが含まれています。展開の詳細については、エンドユーザーライセンス契約に関する文書を参照してください。

Tableau Prep Conductor のライセンス発行のしくみに関する詳細については、「Tableau Server で使用する Tableau Prep Conductor のライセンス発行」を参照してください。

Server のトポロジ

Tableau Server をインストールし、Data Management プロダクト キーを使用して Tableau Prep Conductor を有効にすると、セットアップ プログラムによって Tableau Prep Conductor が既定で自動的に有効になります。

分散インストールでは、バックグラウンダーをインストールしている任意のノードで Tableau Prep Conductor の 1 つのインスタンスが既定で有効になっています。下の例では、バックグラウンダーも有効になっているノード 2 と 3 で Tableau Prep Conductor が有効になっていますが、ノード 1、4、5 では有効になっていません。

以下は、そのワークフローを視覚的に表現したものです。

次の手順:

Tableau Server の新規インストール: 手順 1 (新規インストール): Tableau Server を Tableau Prep Conductor と一緒にインストール

既存の Tableau Server のインストール: 手順 1 (既存インストール): Tableau Prep Conductor の有効化

実行可能なユーザー

サーバー管理者は Tableau Server をインストールし、Tableau Prep Conductor を有効にすることができます。

サーバーレベルの設定は Tableau Server 管理者が構成でき、サイトレベルの設定は、Tableau Server およびサイトの管理者が構成できます。

このセクションの他の記事

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください