Tableau Desktop から、パブリッシュされた抽出に更新を送信することができます。このオプションは、ローカル ネットワークで維持するデータの抽出の更新に最も適しています。

注: 抽出を更新したい場合、抽出の更新を実行する前に抽出のファイル形式をメモに取っておきます。バージョン 2022.4 を使用して .tde 抽出の更新を実行した場合、その抽出は自動で .hyper 抽出にアップグレードされます。.hyper 抽出に更新する利点は多数ありますが、Tableau Cloud の以前のバージョンでは抽出を開けなくなります。詳細については、.hyper 形式への抽出のアップグレードを参照してください。

  1. Tableau Desktop で、Tableau Cloudにパブリッシュされたデータ ソースに接続するか、それに接続するワークブックを開きます。

    サーバーに接続するには、https://online.tableau.com のアドレスを使用します。

    [データ] ペインで、TableauServer にパブリッシュされたデータ ソースは名前の横に Tableau アイコンが表示されます。

  2. [データ] > [Tableau データ サーバー] を選択し、次のオプションのいずれかを選択します。

    • ソースからの更新

      元のデータ ソースにあるデータを使用して抽出を更新 (完全または増分) します。

      このコマンドは、元のデータ ソースへの接続を含む抽出のみに使用できます。抽出ファイルに直接接続してからパブリッシュした場合、元のデータ ソースへの接続は含まれません。

    • データ ソースからデータを追加

      ワークブックに含まれる別のデータ ソースから抽出を更新します。

    • ファイルからデータを追加

      抽出の元のデータ ソースの種類が同じファイル ベースのデータ ソースまたは抽出ファイルである場合、ファイルのコンテンツからの抽出を更新します。

注: Tableau データ サーバー オプションが表示されない場合、データ ソースが Tableau Cloud にパブリッシュされていない可能性があります (この場合、上記のアイコンが表示されていません)。Tableau データ サーバー オプションが表示されていても更新コマンドを使用できない場合、データ ソースはサーバー上に存在していても抽出ではありません。たとえば、それはインターネットでホストされるデータへのライブ接続です。

関連項目

Tableau ヘルプの「データの抽出」(新しいウィンドウでリンクが開く)セクションのトピックです。

ありがとうございます!