Tableau Mobile アプリのセキュリティ設定

2022 年 12 月より、Tableau Mobile アプリの Tableau Cloud セキュリティ ポリシーを調整できるようになりました。これらのポリシーは、モバイル デバイスが侵害されているかどうかを確認し、Tableau Mobile アプリとの特定のやりとりを制限することで、データを安全に保ちます。

このポリシーが適用されるのは、MAM バージョンのアプリではなく、標準バージョンの Tableau Mobile のみです。MAM アプリをデプロイしている場合は、MAM システムの設定に加えて、Tableau Mobile に固有の を使用してアプリを保護します。

セキュリティ設定

Tableau Cloud のサイト設定ページ、または REST API を使用して、Tableau Mobile のセキュリティ設定を構成します。REST API の詳細については、Tableau REST API ヘルプの「モバイル設定のリファレンス(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

サイトの設定ページに移動するには、以下の操作を行います。

  1. 管理者として Tableau Cloud サイトにサインインします。
  2. ナビゲーション ペインで [設定] を選択します。
  3. [モバイル] タブを選択します。

2022 年 12 月より、モバイル デバイスのセキュリティに関連する の設定が利用できるようになりました。

これらの設定には、次の条件の検出が含まれます。

  • ジェイルブレイクの検出

    この設定は、重大レベルではデフォルトで有効になっており、ジェイルブレイクされたり、ルート化されたりしたデバイスでアプリが実行されていないか検出します。

  • マルウェア検出 (Android デバイスのみ)

    この設定は、重大レベルではデフォルトで有効になっており、デバイスにマルウェアが存在しないか検出します。

  • ポリシーの更新を行わないオフラインの最大日数

    この設定は、デフォルトで重大レベルで有効になっており、既定の最大値は 14 日です。この設定によって、設定された最大値よりも長い期間オフラインになっている (つまり、ポリシーが更新されていない) デバイスでアプリを使用できるかどうかが決定されます。

  • デバッグの防止

    この設定は、既定でオンになっており、無効にすることはできません。デバイスにデバッガーが添付されているかどうかを検出します。

  • 画面共有とスクリーンショット (Android デバイスのみ)

    この設定はデフォルトで有効になっており、Tableau Mobile アプリ ユーザーがスクリーンショットを共有できるか、アプリで画面共有を使用できるかを確認します。

ジェイルブレイク検出とマルウェア検出の設定は、重大度のレベルを変更できます。

  • 警告: ポリシーを適用し、不合格になった場合は、解除可能なブロック メッセージを表示します。
  • エラー: ポリシーを適用し、不合格になった場合は、問題が解決されるまでブロック メッセージを表示します。
  • 重大: ポリシーを適用し、不合格になった場合はブロック メッセージを表示し、アプリはプロバイダーを介してログアウトまたはセッション解除を処理する方法を決定します。これはデフォルトの設定です。
フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!