キャッシュされたプレビューとメタデータの理解

モバイル ユーザーがコンテンツを Tableau Server または Tableau Online で操作すると、サーバーが参照元のビジネス データを処理し、Tableau Mobile アプリがそれをレンダリングして表示します。コンテンツをより迅速に表示するため、Tableau Mobile はユーザーのデバイスの次のコンテンツをキャッシュします。

  • スタート ページとして設定されたワークブックとビューのプレビュー、お気に入りのワークブックとビュー、およびお気に入りのコレクションにあるワークブックとビュー

  • お気に入りのワークブックやビューに関するメタデータ (名前、サーバーと最後に同期した時刻など)

このコンテンツは、Tableau Mobile によって他の機密データとともに暗号化されます。詳細については、「モバイル デバイス上のデータの暗号化」を参照してください。

さらにセキュリティを強化するため、次のような場合保存されたデータは完全に削除されます。

  • ユーザーはサーバーからサインアウトし、Tableau Mobile アプリをアンインストールします。

  • ユーザー アカウントを Tableau Server または Tableau Online から削除し、そのユーザーが Tableau Mobile へのサインインを試みた場合。

コントロールを最大化するため、Tableau Mobile アプリやそのオフライン コンテンツすべてを削除できる MDM または MAM システムを使用してデバイスを管理することをお勧めします。

サイトのオフラインプレビューを無効にする

既定では、オフラインプレビューはすべてのサイトで有効になっています。Tableau 管理者は、特定のサイトのオフライン プレビューを無効にして、ワークブックやビューがユーザーのデバイスに保存されないようにすることができます。オフライン プレビューを無効にすると、Tableau Mobile はプレビューを低解像度のサムネイル画像として表示するため、データに関する詳細が見えにくくなります。

  1. Web ブラウザーで管理者としてサーバーとサイトにサインインします。

  2. ナビゲーション ペインで、[設定] を選択します。

  3. Tableau Mobile の [設定] で [Enable offline previews (オフライン プレビューを有効にする)] をオフにします。

注: 個々のユーザーは、アプリ設定(新しいウィンドウでリンクが開く)でオフライン プレビューを無効にすることもできます。

Tableau Server でのクライアント側レンダリングの最適化

Tableau Server 管理者は、ビューがモバイル デバイスではなくサーバー上でレンダリングされるタイミングを制御して、パフォーマンスを最適化できます。タイミングは、マーク、行、列などの数によって決まるビューの複雑性に依存します。ビューがシンプルであるほど、モバイル デバイスでビューをより速くレンダリングできます。ビューが複雑であるほど、Tableau Server に要求を送信し、サーバーの優れた計算機能を活用した方が速くなります。

サーバー管理者は、複雑性のしきい値を調節することで、モバイル デバイスでクライアント側レンダリングが発生するタイミングを構成できます。たとえば、ビューの表示が遅いと感じたら、モバイル デバイスのしきい値が小さくなっている可能性があります。または、しきい値を増やして Tableau Server に対する要求の数を減らすことができます。

既定では、モバイル デバイスの複雑性しきい値が 60 に設定されています。複雑性のしきい値を調整するには、Tableau サービス マネージャーのコマンドライン インターフェイスで次のように入力します。

tsm configuration set -k vizqlserver.browser.render_threshold_mobile -v [new value]

たとえば、モバイルしきい値を 40 に変更するには、次のコマンドを入力します。

tsm configuration set -k vizqlserver.browser.render_threshold_mobile -v 40

詳細については、Tableau Server ヘルプの次のトピックを参照してください。

ありがとうございます!