インターネット アクセス要件

Tableau Desktop や Tableau Prep Builder は、インターネットにアクセスして操作するよう設計されました。たとえば、Tableau では、マップ ビューの読み込みやダッシュボードの Web ページの読み込み、およびライセンス リクエストの要求を処理するため、インターネット アクセスが必要です。

必要なアドレスとポート

Tableau は共通ポート (80 および 443) を使用してインターネット要求を行います。ほとんどの場合、Tableau Desktop または Tableau Prep Builder がインストールされているコンピューター、および実行中のネットワークは既に、必要なアクセスを許可するよう構成されています。

Tableau がインターネットに直接アクセスできない場合、Tableau がインストールされている、ネットワーク ファイアウォール内 (ある場合) のコンピューターのプロキシ サーバーによって、次の表に記載されているドメインが許可されていることを確認します。また、手動による認証やパススルー認証を行わなくてもプロキシ サーバーがそれらにアクセスできることを確認し、ユーザーはインターネットにアクセスするたびに毎回認証を行う必要がないようにします。

: Tableau Online にワークブックおよびデータ ソースをパブリッシュする場合、データプロバイダーの承認リストに Tableau Online を追加しなければならない場合があります。詳細については、Tableau Online ヘルプの「データプロバイダーの認証に使用する Tableau Online の IP アドレス」を参照してください。

コンポーネント インターネット アクセス要件
マップ

Tableau 2019.2:

  • mapsconfig.tableau.com
  • api.mapbox.com

Tableau 2019.1 以前:

  • maps.tableausoftware.com

注: Tableau 9.1 以降、Tableau マップはポート 443 で SSL 接続を使用します。

ライセンス発行

プロダクト キーのライセンス認証や製品の登録に使用されます。

  • licensing.tableau.com:443

  • atr.licensing.tableau.com:443

  • s.ss2.us

  • ocsp.rootg2.amazontrust.com

  • ocsp.rootca1.amazontrust.com

  • ocsp.sca1b.amazontrust.com

  • crt.sca1b.amazontrust.com

  • crt.rootca1.amazontrust.com

  • ocsp.sca0a.amazontrust.com

  • crt.sca0a.amazontrust.com

  • ocsp.sca1a.amazontrust.com

  • crt.sca1a.amazontrust.com

  • ocsp.sca2a.amazontrust.com

  • crt.sca2a.amazontrust.com

  • ocsp.sca3a.amazontrust.com

  • crt.sca3a.amazontrust.com

  • ocsp.sca4a.amazontrust.com

  • crt.sca4a.amazontrust.com

  • crl.rootca1.amazontrust.com

  • crl.rootg2.amazontrust.com

  • crl.sca1b.amazontrust.com

上記ドメインへのリクエストはポート 80 または 443 である可能性があります。

クラッシュ ログ

report-issue.tableau.com

Tableau Prep Builder のアクティブ化と実行

安全な Web プロキシが構成されている Tableau Prep Builder をアクティブ化して実行するには:

  • Windows: ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定で、[Bypass proxy server for local addresses (ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない)] を選択します。

  • MacOS: [プロキシ] タブで、IP アドレス 127.0.0.1 を除外されたローカル ホストのリストに追加します。詳細については、「MacOS ユーザー ガイド」の「プロキシ設定のバイパス」を参照してください。

登録 register.tableau.com:443

Tableau Prep Builder を登録する必要があります。

[詳しく学ぶ] ペイン (オプション) https://www.tableau.com

この Web サイトへのアクセス権がない場合は、[詳しく学ぶ] ペインはホーム ページに表示されません。Web サイトへのアクセスが切断された場合は、ペイン上のリンクが切れます。

注:Tableau はパススルーや手動プロキシ認証をサポートしていません。そのため、ユーザーの認証資格情報を Web プロキシに渡すことはできません。ユーザーがプロキシに対して認証する必要がある、またはファイアウォールでブロックされているポートやアドレスがある場合、Tableau がそれらに対するインターネット リクエストを行うには、上記の表に示すドメインをプロキシやファイアウォールの許可リストに追加する必要があります。

マップ

マップ ドメインまたはポートがブロックされている場合は、代わりにオフライン マップを使用できます。詳細については、Tableau ヘルプの「バックグラウンド マップの選択」を参照してください。

ライセンス発行

重要: Tableau ライセンス サービスは 2018 年 10 月 6 日に新しいデータ センターに移行しました。このため、licensing.tableau.com や licensing.tableausoftware.com へのアクセスに特別な構成 (静的 IP セーフ リストなど) を必要とする環境では、Tableau プロダクト キーのライセンス認証、更新、ライセンス認証の解除を行う前に更新しなければなりません。詳細については、Tableau コミュニティを参照してください。

ライセンス発行のためのインターネット アクセスの有効化はオプションです。ライセンス ドメインがブロックされている場合、ライセンス発行認証プロセスによってオフラインでライセンス認証するよう要求されます。これには、異なるコンピューターを使用してインターネットにアクセスする必要があります。詳細については、ユーザー インターフェースから Tableau Desktop または Tableau Prep Builder をインストールしますを参照してください。

ライセンス ドメインがブロックされ、Tableau Desktop がオフラインでライセンス認証された場合、アップグレード プロセスでは更新されたプロダクト キーが必要です。詳細については、「Tableau Desktop をオフラインでライセンス認証 (必要な場合)」セクション (ユーザー インターフェースから Tableau Desktop または Tableau Prep Builder をインストールします) を参照してください。

クラッシュ ログ

予期しない事態が発生すると、Tableau Desktop は突然終了する場合があります。クラッシュが発生すると、Tableau エンジニアリング チームが問題をデバッグするために役立つ詳細な情報を得るために、追加のログ ファイルとダンプ ファイルが生成されます。次に Tableau Desktop が開かれた時に、ユーザーにログ ファイルとダンプ ファイルを自動的にアップロードするためのオプションが表示されます。

ただし、データがプライバシー規制の対象となる組織では、ログ ファイルとダンプ ファイルのアップロードをユーザーに許可しない場合があります。このような場合は、クラッシュ アップロード プロンプトの表示を無効化することができます。ユーザーのクラッシュ アップロード プロンプトを無効にする方法については、インストール後のインストール設定の変更を参照してください。

Tableau Public

Tableau Public は次のドメインおよびポートにアクセスする必要があります: public.tableau.com: 443

インターネット アクセスのテスト

ファイアウォールとプロキシ設定が正しく構成されているかどうか、および Tableau で必要なインターネット アクセスがコンピューターにあるかどうかをテストするには、Tableau Desktop がインストールされているコンピューターで次のリンクを試してください。

構成が機能している場合、これらのリンクによってマイアミとハバナのマップが生成されます。ただし、マイアミやハバナのマップが表示されない場合や、ユーザーの認証資格情報を手動で認証したというだけでテストに合格した場合、ネットワーク設定を変更するか、オフラインで作業する必要があります。

オフラインでの作業 (Tableau Desktop)

場合によっては、管理者または IT 管理者が Web プロキシまたはファイアウォール構成設定を変更できず、Tableau が必要とするサイトへのアクセスを許可できない場合、ユーザーは Tableau をオフラインで使用できます。オフラインで Tableau を使用するときは、オフライン プロセスを使用して製品のライセンス認証を実行する必要があり、ユーザーはそれらを必要とする視覚化にオフライン マップを使用します。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください